いまやLINEは、仲良くなるために必須のツールと言っても良いでしょう。

でも、その手軽さから、ついつい「必死のアピールLINE」を送ってしまうことも……。

もしかしたらその「必死のアピールLINE」、引かれているかもしれません。

「必死のアピールLINE」の特徴を、一緒に見ていきましょう。

「さすがに引く…」必死過ぎる片思いアピールとは?

勝手にデートをする妄想を送る

片思い中は、「彼と付き合ったら……」なんて妄想をすることもあるかもしれませんね。

ただ、ぶっとびすぎている妄想をLINEで送ると、さすがに引かれてしまうかも。

行ってみたい場所の提案や、ちょっとした過ごし方などであれば、一般的な「いい感じのデート」として、共感してもらえる可能性アリ。

素朴なデートの妄想をチラっと話すくらいなら、「かわいいな」と思ってもらえるかもしれませんよ。

あまりにもぶりっ子すぎるスタンプ

スタンプにはかわいいものがたくさんありますし、気持ちや状況を説明するときにも便利かもしれません。

とはいえ、かわいいスタンプを送れば、かならずしも彼に「この子かわいいな」と思ってもらえるとは限らないようです。

ことあるごとにかわいいスタンプでアピールをするのは避けた方が良いでしょう。

過剰な心配をする

心配の仕方があまりにも過剰だと、「ちょっと鬱陶しい……。怖い……」と感じさせてしまうかも。

心配するセリフは、「大丈夫?」のあとに、一言二言プラスするくらいがベストでしょう。

体調が悪いと聞いたとき、大病の可能性を心配したり、家まで押しかけようとしたり、心配で眠れないといったセリフは避けた方が良いかも。

心配は少しにして、あとは応援するセリフが多めのほうが、好感度アップに繋がるでしょう。

ちょっとセクシーな自撮りを送る

だんだん仲良くなってくると、何の気なしに自撮りを送ることもあるかもしれませんね。

ちょっとした私生活が垣間見えると、男性も「かわいいな」と感じることもあるでしょう。

しかし、あまりにも「狙っている感」が強いと、逆効果な可能性も。

なかには、「きっと、他の男にも送ってるんだろうな……」と思われたりしてしまうケースもあるようです。

そういう自撮りは、付き合ってイチャイチャが楽しめるようになってからが良いかも。

行き過ぎた愛情表現は、グッと胸にしまうことも大切

メッセージだけでなく、スタンプ、画像、動画……。

いろいろな方法でコミュニケーションができるLINEは、相手と自分の距離感を見失わないよう要注意かもしれません。

特別な気持ちを伝えたくなるときには、ちょっとだけ踏み出す程度のアピールにとどめておくと良いでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)