いい感じの彼がいるのに、なぜか告白されない……という悩みをもっている方もいるでしょう。

じつは、自分からきっかけを作ることで意外とすんなりと告白されることもあるようです。

そこで今回は、いい感じだけど告白してこない男性と付き合うための方法を3つ紹介していきます。

大好きな彼に告白されて付き合いたい!という人は、ぜひチェックしてみてください。

チャンスはすぐ近くに!男性が告白しやすいきっかけ3選

「◯◯くんが彼氏だったらいいのにな」

「何回かデートしていて気になっている子がいたんですけど、勇気がなくてなかなか告白できずにいました。

そんなときその子が、『○○くんが彼氏だったら毎日楽しそう』と言ってくれたんです。
その言葉で自信がついて、頑張って告白することができました!」(27歳男性/インストラクター)

誰しも、告白するには勇気がいるもの。もちろん男性も同じでしょう。

とくに奥手な男性なら、OKをもらえる確証が得られるまでは告白しない……なんて人もいるそうです。

そんな彼の背中を押すには、こちらから1歩踏み出すのもあり!

「彼氏だったらいいのに」という言葉は、付き合いたいといっているのと同じようなものなので、男性はドキッとすること間違いなしです。

うまくいけば、その後すぐに「じゃあ付き合う?」なんて告白の言葉を引き出せるかもしれません。

少し連絡を控えて彼を焦らせる

「いつもなにかと連絡をくれていた女性から、突然連絡がこなくったことがあります。

頻繁に連絡がきていた頃はなんとも思っていなかったんですけど、連絡がこなくなって、彼女のことをすごく気になっている自分に気づきました。
それをきっかけに、彼女が好きなことに気づいて、すぐに告白しました!」(32歳男性/自営業)

気になる彼に対して連絡を控えてみるのも有効です。

いつも自分から頻繁に連絡を取っている場合、急に連絡がこなくなると相手も少し不安になるかもしれません。

「追いかけられるよりも、自分が追いかけたい」……こう考える男性も、少なくはありません。

「もしかしてほかに好きな人ができた?」と焦って、向こうから告白してくるなんてこともあるかもしれませんよ。

自分が彼からどう思われているかを判断するために、一度連絡するのを我慢してみることもおすすめです。

弱いところをみせる

チャンスはすぐ近くに!男性が告白しやすいきっかけ3選

「女友達で、いつも元気で明るい子がいたんですけど、ある日落ち込んでいる様子を見てしまったんです。
話を聞くと、しんどいことを全部ひとりで抱え込んでいるのに周りには明るく振る舞っていたことを知りました。

そのとき、俺がそばにいて守ってあげたいって思ったんですよね。なにより、自分にだけ打ち明けてくれたということが嬉しかった」(29歳男性/営業)

いつも明るく振る舞うことはとてもよいことですが、あまりにも自立していたり精神的に強かったりすると、支えてあげようという男性心をくすぐらないかもしれません。

男性からすると、自分のことを必要としてくれていると思えるのは嬉しいものです。

たまには、自分の弱いところをみせて彼に頼ってみましょう。

きっかけは些細なこと

いい感じの彼がいるのに告白されないのは、彼に一歩踏み出す勇気がなかったり、まだ気持ちに気づいていないという可能性があります。

そんなときには、自分から一歩前に進み、いつもとは違う言動を彼に投げかけてみましょう。

彼に自分のことを意識してもらい、きっかけや勇気を与えることで、告白されて交際に繋がるかもしれません。

(愛カツ編集部)