気になる彼との連絡に便利なLINEですが、使い方によっては素敵な出会いを逃してしまうかもしれません。

とくに知り合ったばかりのころは、デートのお誘いLINEの段階で、彼が今後のお付き合いをあきらめてしまう……なんてことも。

そこで今回は、男性がつい「既読スルーしたくなる」LINEの特徴を3つご紹介します。

男性が「既読スルー」したくなるLINEの特徴3つ

いつも内容がネガティブ

「ちょっといいなって思っている女性がいて。でも、暗い話や自虐ネタばかりのLINEを送られ続け、気が滅入って自然と返信しなくなりました……。

もちろん悩みがあって頼ってくれるのはうれしいんだけど、いつもそればかりだと、こっちも疲れちゃう」(29歳男性/営業)

自信がなかったり、自分のダメなとこも受け入れてほしいと感じたりすることは、誰しもあるはず。

でも、いつも暗い内容ばかりというのは考えもの。

「楽しいお付き合い」が想像しづらくなってしまうようですよ。

悩み相談などネガティブな内容も、「こんなことがあったけど、頑張ってみる!」と前向きに話を締めくくるのがオススメ。

彼も応援したくなるでしょうし、「かわいいな」と好印象を与えやすいはず。

送信時間に配慮がない

「合コンでLINEを交換した子がいるんですけど、なぜかいつも深夜や早朝にLINEがとんでくるんですよね……。
しかも緊急の内容とかでもなくて、世間話みたいな内容ばかり。第一印象はしっかりしてる感じだったんだけどなあ」(26歳男性/公務員)

LINEの気軽さゆえに、「夜中に送信しても見ないだろう」「朝、見てくれればいいや」という考えが起こりやすいもの。

そのため、あまり送信時間に気にしない人も多いでしょう。

ただLINEも、電話やメールと同じ連絡ツールのひとつ。

「生活リズムが崩れているのでは?」とか、「マナーがなっていないのかも……」のような誤解を生まないように、彼が読みやすい時間にLINEを送りましょう。

連投LINE

連投LINE

「ぼく正直LINEが得意じゃなくて、気になってた子の返信をじっくり考えてたんです。そうしたら、ぼくが返信する前に、次から次へと新しいメッセージが……。

なんか自分のことしか考えてないのかな?って思って、急に冷めちゃいました」(31歳男性/製造)

独り言をつぶやくSNSと同じ感覚でLINEを使用している人もいますが、気になる彼とのLINEは基本的には1人と1人のコミュニケーションツール。

会話のキャッチボールができないままの連投が続くと、いつの間にか疎遠になってしまうこともあります。

「逆の立場だったら……」と相手の気持ちを想像し、「会話」を意識してやり取りするようにしましょう。

ひとつの内容を送ったら、いったん相手の出方を観察してみて。

LINEは会話するツールという意識で!

気軽にメッセージのやり取りができるLINEは、時間や内容などに気を配るのを忘れがち。

電話やメールは一般的なマナーを守っているけれど、「LINEに対しては意識が薄かった!」「SNSに投稿する感覚で使っていた」なんて人はちょっと気を付けてみてくださいね。

まずは今回のポイントを振り返って、気になる彼からのイメージアップをねらっちゃいましょう!

(愛カツ編集部)