彼は私のことを気にかけてくれている?

それとも…??

恋をして想いがつのるほど、少しでも可能性があるのかどうかを確かめたいと思うかもしれません。

ふだんの何気ない言葉や、視線、態度……。

彼が本命の女性にしかしない「特別扱い」のサインを、生まれ年の干支別に占ってみました。

【前編】彼の12星座別・本命ならではの「特別扱い」とは?

子(ねずみ)年生まれ

【やたらと世話を焼いてくる】

誰に対してもコマメなところもある、子(ねずみ)年の男性。

本命彼女にはマメ度合いが違うようです。

気がつくといつも側にいたり、「なにか困ったことがあったら、なんでも言ってね」なんて言ってきたり……。

しょっちゅう世話を焼いてくれることがあれば、それが彼の「特別扱い」なのかもしれません。

丑(うし)年生まれ

【何度も誘ってくる】

五感に直結するフィーリングを大切にする傾向もある、丑(うし)年の男性。

たとえば、好きなアーティストの曲が同じだったり、好きな映画や本が同じだったりして「気が合うね」と盛り上がったり……。

もしかしたら、「今度一緒に行こうよ」なんて誘ってくることもあるかもしれませんね。

「もっと話をしたいな」「一緒に行きたいな」などと繰り返してお誘いをはじめたら、かなり「特別扱い」と見て良いでしょう。

手軽なところでいえば、「この後電話しない?」などがあるかも。

寅(とら)年生まれ

【非日常的なアプローチをしてくる】

寅(とら)年の男性は、非日常を派手に演出する傾向があるようです。

まるで、ドラマのよう……、そう感じることもあるでしょう。

学校やオフィスなどで、人気のない一瞬のスキをついてあなただけにわかるサインやメッセージを送ったり、壁ドンをしたり……。

スリリングな行動が彼の「特別扱い」なのかも。

卯(うさぎ)年生まれ

【包み隠さずストレートにアプローチ】

卯(うさぎ)年の男性は、好意を持っている相手に「今週末、空いてる?」「これ、一緒に行こうよ」と気軽だけれど妙な押しの強さでアプローチし、仲良し状態に持っていこうとするみたい。

本命への特別アプローチは段違いにオープンに行われる場合も考えられます。

気が付いたら周囲からも公認になっているかもしれませんね。

辰(たつ)年生まれ

【周りを巻き込んでアピールしてくる】

自分から仕掛けることが苦手な傾向にある、辰(たつ)年の男性。

本やネットで恋愛の勉強をしてはみるかもしれません。

しかし、実践でうまくやれそうにないと悟ると、友人など周囲の援護射撃を試みる可能性が。

一見まわりくどいですが、彼の友人や先輩を介してあなたが褒められ、彼を推薦されたら、それが彼の「特別扱い」なのでしょう。

巳(へび)年生まれ

【こちらの言動を推測してくる】

めったなことでは、他人を特別扱いしないところもある、巳(へび)年の男性。

やけに彼と目が合うなと感じたら、それは彼があなたを見ているということかもしれません。

行動や思考を先回りしてサポートし、疑問や質問に対して必要な答えを用意してミスをカバーするのが、本命への「特別扱い」の可能性が高いです。

彼のサイン、見逃してない?

「特別扱い」といっても、様々な方法があるようです。

あなたの彼は、どうでしたか?

彼のサインに気づいたら、甘えてみても良いかもしれませんね。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)

●午年~亥年の男性が見せる、本命ならではの「特別扱い」とは?