彼からきたらぞっとするLINE

お付き合いをしていれば、ケンカをすることもありますよね。

ケンカをして「自分が悪いな」と思ったら、いち早く謝ったほうがいいのは確かでしょう。

でも、面と向かって謝るのは少し気まずいし、気恥ずかしかったりもしますよね。

そこで今回は、ケンカ中にこそ効果的なLINEの送り方をご紹介します。

LINEで仲直り?ケンカ中にこそ効果的なメッセージとは

スタンプで反応を見る

ケンカの状態によっては、冷却期間を置くことも大事です。

お互いに「悪いな」「仲直りしたいな」と思っている状態ならいいのですが、どちらか一方がまだ怒りが収まらない状態だと、「ごめんね」と送ったところで、既読スルーされてしまったり、話が蒸し返す可能性があります。

相手の性格は、恋人であるあなたが一番よくわかっているでしょう。

相手の怒りが収まったタイミングで、スタンプを一個送って様子見するのもいいと思います。

「ジーっ」というスタンプを送るのもよし、顔文字と一緒に「ジーっ」と送るもよし。

相手のメッセージの様子から怒りが収まっているようなら、そこで謝罪をしたり、「いまなにしてる?」と、LINEのやり取りを再開してみては?

いつものようにやり取りができれば、それは相手もあなたと同じように、気に掛けていたということです。

ムリに修復を図ろうとせず、お互いに気持ちが冷静になったとき、スタンプで自分の気持ちを相手に伝えてみては?

「あのときはごめんね」と気持ちを送る

「あのときはごめんね」と気持ちを送る

どちらか一方でも気持ちが折れたり歩み寄るタイプなら、すぐにケンカは収束しますが、お互いが意地っ張りだったり、プライドが高かったりすると、「仲直りしたい」と思っても、思うように素直になれず、ケンカは長引いてしまいがちです。

それでも、少しでも「悪いな」「仲直りしたいな」という気持ちがあるのなら、LINEでひと言「あのときは、ごめんね」と送ってみては?

たったこれだけで、ふたりの関係はすぐにでも仲直りできるでしょう。

ケンカをきっかけに、相手への不満や至らないところがたくさん見えてくるかもしれませんが、それを相手にあれこれ言ってしまうと、ますますふたりの関係は悪化してしまいます。

それよりもまず、自分が「悪いな」と思ったことや「仲良くやっていきたい」気持ちを第一にして、「ごめんね」とたったひと言でもいいので、謝れるといいですね。

なんなら「いけなかったなと思って」「仲良くやっていきたいから」という気持ちも言葉にして、送ってもいいのではないでしょうか。

素直になることが大切

ケンカ中は気まずいですし、「ケンカ別れになるんじゃ……」と不安になりますよね。

でも、お互いに相手が好きで、仲良りしたい気持ちがあるなら大丈夫です。

あなたの気持ちは相手に通じ、ケンカをきっかけにふたりの関係はもっと良くなるでしょう。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)