仕事がデキて、羽振りもよくて、カッコイイ! という男性もいれば、いつもお金がなくて、仕事もパッとしない……という男性も。

外見からの印象はさまざまですが、内面はどうなんでしょう?

腹黒い一面を持っている人を見抜く方法はあるのでしょうか。

今回は男性のイニシャル別に、じつは腹黒い男性をランキング形式で発表いたします。

イニシャル別!「じつは腹黒い男性」ランキング

9位…イニシャルがD、M、Tの男性

【マジメで正直】

イニシャルがD、M、Tの男性はとにかくマジメ。

正直なあまり、損をすることも多いでしょう。

もう少し腹黒く世間を渡ったほうがいいのでは……と、耳打ちしたくなるほどにマジメです。

良くいえば、とても誠実な男性であるともいえるでしょう。

8位…イニシャルがE、Nの男性

【ナチュラルにマウント】

イニシャルがE、Nの男性は、大物の器。

ビジネスで大きな成功をおさめるタイプです。

物質的にとても恵まれていて、何不自由のない生活をしている人もいるでしょう。

リッチな暮らしに慣れているので、腹黒とまではいきませんが、ナチュラルにマウントしてきそう。

7位…イニシャルがC、F、Q、X

【人のせいにして逃げる】

イニシャルがC、F、Q、Xの男性は、人と争うことの嫌いな穏やかな人が多いです。

事なかれ主義がすぎて、男性としてのワイルドな魅力はいまいちなことも。

いつも人の後ろに隠れがちどころか、人のせいにして逃げてしまう、微妙に腹黒いところがあるのです。

6位…イニシャルがB、K、Rの男性

【他人の言動にわざと乗る】

イニシャルがB、K、Rの男性は、気持ちの優しいタイプ。

純粋でロマンチストですが、自己主張や信念に欠けるところがあるかも。

本意ではなくても、他人の言動にわざと乗っかってその場をしのごうとするところは、やや腹黒いといえそうです。

5位…イニシャルがG、L、Sの男性

【ほら吹き】

イニシャルがG、L、Sの男性は、好奇心旺盛で、独創的な発想ができるタイプ。

まわりを楽しくしようとがんばるのはいいのですが、盛り上げるためにほら吹きになりがち。

ちょっと盛るくらいはいいかと、自分でわかってやっているので、少々腹黒といえるかも。

4位…イニシャルがU、V、Wの男性

【打算的】

イニシャルがU、V、Wの男性は、寛大な心を持ち、親切心も旺盛です。

しかし、頼りがいがある! と思いきや、男らしさをガンコさにはき違えている面があるかも。

融通がきかないので、見ていてイライラすることもありそう。

3位…イニシャルがA、I、Yの男性

【見栄っ張り】

イニシャルがA、I、Yの男性は、プライドが高く、見栄っ張りなところがあります。

食べるなら高級レストラン、身につけるものは高級ブランド。

一緒に歩く女性は美人でないとイヤで、付き合うならなおさら……。

トロフィー彼女希望なのが、腹黒いところといえるかもしれません。

2位…イニシャルがH、Pの男性

【相手を陥れて上に立つ】

イニシャルがH、Pの男性は、努力家でガッツがありますが、相手に敵対心を持つところがあります。

人と話していると「勝たないと!」と思いがち。

口論くらいならいいのですが、だんだん相手を陥れることで自分が上に立とうとしてしまう腹黒さがあります。

1位…イニシャルがJ、O、Zの男性

1位…イニシャルがJ、O、Zの男性

【冷戦沈着で、世渡り上手】

イニシャルがJ、O、Zの男性は、見た目も性格もとってもクールな印象。

冷戦沈着で、世渡りも上手です。

何かあったとき、情に流されないばかりか、画策をめぐらす腹黒さと切り捨てる非情さも持っています。

でも、腹黒いだなんて、初対面ではまず気づかれないでしょう。

腹黒い男性を見極めよう

内面はある程度外に出るものですが、いい内面でも悪い内面でも、外には出さない場合があります。

今回の記事を参考に、男性の内面を探ってみてはいかがでしょうか。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)