心から信じあえる相手とお付きあいできたら、とても幸せになれることでしょう。

でも、その相手、どうやって見つけたらいいの……?

運命を司る12星座占いで、チェックしてみましょう。

男女の星座別に、お互いを信じあえる相性のいいカップルを10組ご紹介します。

星座別!運命的な相性「お互いを信じあえるカップル」10選

うお座(2/19~3/20)の女性×さそり座(10/24~11/21)の男性

【信じあえるとわかる】

少し話しただけで、信じあえるとわかる運命の相性。

お互いを心から信頼でき、すぐに打ち解けた雰囲気になれます。

この関係を継続させるコツは、女性が男性の仕事や趣味について勉強し、共通の話題を作ること。

2人の仲がいっそう親密になるでしょう。

てんびん座(9/23~10/23)の女性×みずがめ座(1/20~2/18)の男性

【言葉に頼らなくてOK】

似た者同士で、よけいな気を使わなくてすむ心地よい関係。

言葉に頼らなくてもコミュニケーションが成立しますし、お互いを信じあうことができます。

だからといって、安心しきってしまうとマンネリに。

安定した関係に安住せず、関係性のアップデートを忘れないようにしましょう。

やぎ座(12/22~1/19)の女性×うお座(2/19~3/20)の男性

【無条件に信じる】

男性の存在に刺激を受け、女性は大きく伸びることができます。

それは、男性を無条件に信じているから。

そして、女性の心が男性のエネルギーをますます充実させ、男性も女性を心から信じるのです。

感謝の気持ちを折に触れて伝えると、絆が深まります。

みずがめ座(1/20~2/18)の女性×いて座(11/22~12/21)の男性

【信じ切っている2人】

器が大きくてどっしりと構えた男性を信じ、全面的に甘えられる女性。

「絶対に自分を裏切ることはない」と、男性も女性を信じ切っています。

少々、お互いに依存しあう傾向はあるのですが、信じあう2人にはそれくらいがちょうどいいかもしれません。

ふたご座(5/21~6/21)の女性×おひつじ座(3/21~4/19)の男性

【時とともに信頼が深まる】

最初のうちは接点がなかなか見つからず、悪い印象を持ってしまうこともありますが、なぜか惹かれあい、時とともにお互いに信じあえるようになる、運命の関係。

長く付きあうほどに、「この人でなければ」という気持ちになるでしょう。

おとめ座(8/23~9/22)の女性×かに座(6/22~7/22)の男性

【信じあいすぎに注意】

あふれるばかりの愛情を注がれ、あなたも彼に思いっきりの愛を注ぎます。

相手が言っていることが一番大切と思い、いたわりあう良い相性です。

しかし、お互いのことを信じあいすぎて、まわりの声に耳を傾けないなんてことになりがちなので注意を。

みずがめ座(1/20~2/18)の女性×やぎ座(12/22~1/19)の男性

【信じあっていることが「普通」】

激しい情熱は燃え上がらなくても、一緒にいるとなぜか心が安らぐ関係。

お互いに信じあっていることが「普通」という状態です。

女性の前では、男性は優しさを全開にして尽くしてくれます。

その気持ちに応えるように男性をサポートすることが大切です。

おとめ座(9/18~10/31)の女性×おとめ座(9/18~10/31)の男性

【不思議に信じあっている】

考えていることが似ているので、対立することもなく、スムーズに関係を築くことができる2人。

なかなか本音をオープンにしないわりに、信じあっているという不思議な関係です。

お互い、理由はよくわからないけど、相性が良いのです。

おひつじ座(3/21~4/19)の女性×てんびん座(9/23~10/23)の男性

【根っこの部分で信じあう】

価値観もぴったり一致というわけにはいかず、2人が求める恋愛スタイルに微妙な違いがあります。

でも、その違いを当たり前として受け入れ、根っこの部分でお互いを信じあっているのです。

ある意味最強のカップルといえる、運命の2人でしょう。

おうし座(4/20~5/20)の女性×かに座(6/22~7/22)の男性

【心安らぐ相性】

おだやかで心安らぐ相性の2人です。

初期のころのときめきが薄れても、長く続いていくのは、お互いに信じあっているからこそ。

そんなほんわかした関係です。

お互いの優しさを当たり前に思わず、「ありがとう」を口癖にするといいでしょう。

信じあえる人との一生を

ずっと信じあえる相手と生涯をともにしたいものですよね。

そんな相手を見つけるために、12星座を上手に活用してみてください。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)