突然始まる恋もありますが、たいていは「ちょっと気になる」からはじまるもの。

そんな気になる彼にはちょっとした「種」を撒いておきましょう。

すると、その恋が実を結びやすくなります。

そこで今回は、男性にモテまくる女性の言動をご紹介。

あざといくらいがいい?男性にモテまくる女性の言動

ふたりきりのときはトーンが違う

みんなと一緒におしゃべりしているときと、1対1の会話をしているときで、声のトーンに差をつけてみましょう。

ふたりっきりのときは、トーンを落とし、少しだけ地声に近づけるようなイメージです。

こうすると、リラックスして本音で話している感じがして、「あなたのことを、信頼しているの」というメッセージにもなります。

少し落としたトーンででから心配してあげたり相談をしたりすれば、心の距離も近くなります。

嬉しそうにお礼を言う

なにかを手伝ってもらったり、プレゼントをもらったり、気遣ってもらったり。

「ありがとう」がいえるシチュエーションは、たくさんありますよね。

そんなときには、ものすごく嬉しそうに「ありがとう」を表現してみましょう。

「○○してくれるなんて信じられない!」くらいオーバー気味でOK。

「ありがとう~!」と感謝してみましょう。

大きく喜んでもらったほうが、相手も嬉しいですし、「こんなに喜んでくれるなんて、もしかして好かれてる?」と気になってしまうこと、間違いなしです。

寝る前にLINEする

寝る前にLINEする

デートのときはもちろん、グループのおでかけ、仕事で一緒だったときなど……。

ふたりで一緒にいた時間があった日は、思い出LINEを送ってみましょう。

帰宅してからや、就寝前がベストタイミング。

「今日は○○だったね」と、後出しLINEを送ると、ふたりで一緒にいた時間を、彼に思い出してもらうことができます。

お土産を渡すために5分会っただけ、というのでもOK。大切なのは、相手の心にどう印象付けるかです。

「〇〇くんはどう思う?」と聞く

みんなで会話しているときなどに、「○○くんはどう思う?」と、あえて名指しで聞いてみましょう。

そうすることで、「あなたの意見を特別に思っている」「私にとっては、ぜひ聞いておきたい価値がある」と、伝えることができます。

聞かれた彼は、「なんでわざわざ、自分に話をふったんだろう?」と考えてしまうかもしれませんが、それこそ狙い目!

あなたのことを考える時間があればあるほど彼にとっては「気になる相手」になっていきます。

そのうち「ホントは俺のこと、どう思ってるんだろう?」となってくるはず。

ささいな一言にときめく?

ほんのささいな一言や、ちょっとしたタイミングなどが積み重なると、やがて恋の予感に発展していきます。

とはいえ、露骨すぎて相手を振り回してしまうことのないよう要注意。

あくまでも誠実な気持ちで、相手に関心があることを示すのがポイントです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)