お付き合いしているのに、なんだか親友のような雰囲気のカップルっていますよね。

周りから見ると、適度な距離感がある2人に、憧れる人も少なくありません。

でもそんな2人には、どんな仲良しの秘訣があるのでしょうか?

そこで今回は、長続きしやすい「親友みたい」なカップルの特徴を3つご紹介します。

ずっとラブラブ!「親友みたい」なカップルの特徴3つ

デート中でも手をつながない

「同級生の彼女と、友達の延長みたいなお付き合いをしてたんですよ。
デート中もあんまり手とかつながなかったけど、お互いが好きって気持ちは通じ合ってたと思う」(29歳男性/塾講師)

フレンドリーな雰囲気があるカップルは、デート中でも手をつながないケースがあるようです。

それは、スキンシップで相手の気持ちを確認しなくても、お互いの気持ちや温度を感じられるから。

とはいえ、無理に彼と手をつなぐことを拒む必要はありません。

ただ、スキンシップ意外でもお互いの気持ちを確かめあえる関係をめざすというのは、アリかも。

お互いを信頼している

「付き合いの長い彼氏とは、あまりマメな連絡はとりませんね。あと彼が異性のいる飲み会に参加しても、絶対裏切らないっていう自信がある。
だって彼の性格をよく知ってるし、なにより信頼してるから」(27歳女性/看護師)

親友のようなカップルは、お互いに絶対的な信頼があるようです。

それは、自分が彼の一番の理解者であり、彼も自分のことをよくわかってくれているから。

相手のことを束縛しがちという人は、まずは相手のことを知ることから始めてみましょう。

友達の延長のような関係

友達の延長のような関係

「高校時代からの友達から恋人になった私たち。会話の中身も、友達と話すようなことばかり。ちょっと新鮮味にはかけるけど、やっぱり居心地はバツグンだよね」(29歳女性/美容師)

親友のようなカップルは、良くも悪くも友達の延長のような関係です。

少し新鮮味には欠けるようですが、記念日やロマンティックさを大切にすれば問題はないでしょう。

信頼感がポイント

お互いにとって心地よい距離感のある、親友みたいなカップル。

その心地よさは、2人の信頼感から生まれているようです。

相手のことをよく知って信頼しあい、ずっとラブラブな2人でいてくださいね。

(愛カツ編集部)