恋人はいれば、それだけで毎日が充実するとは限りません。

ときには寂しさや不安もあるでしょう。

今回は、男性のそんな気持ちに注目してみました。

「彼女がいるのに、なぜか寂しい……」そんなふうに感じる瞬間は、いったいどんなときでしょうか?

俺、彼氏だよね?男性が【恋人がいるのに寂しい】と感じる瞬間

スキンシップがない

「彼女とはとっても仲が良く、趣味も合うし一緒にいて楽しいんです。

彼女もそう言ってくれるし僕自身彼女といる時間は幸せなんですが、スキンシップがあまりないのが悩み。

夜の行為もないわけではないけれど、普段一緒にいてイチャイチャすることがないんです。

他に不満はまるでないのに、付き合っているのに寂しさを感じる瞬間があるのはなんだかやるせなく思ってしまいます」(25歳/WEBデザイン)

女性のなかには、スキンシップ自体が苦手という人もいるでしょう。

しかし、あまりにも触れ合いが少ないと、寂しく思ってしまうみたい。

たまには甘い雰囲気を出して、順調な交際をつづけましょう。

頼ってくれない

「彼女はあまり弱音も吐かないし、とにかく自分のことは自分で!というタイプ。

仕事でしんどい時も『大丈夫』と言うだけだし、大事な決断も事後報告。

自立した女性は確かに素敵だし魅力的だけど、支え合うのが恋人じゃないの?と思うこともしばしばあるんです。

頼ってくれない、話してくれない寂しさがありますね」(27歳/医療関係)

自立した女性は魅力的ですが、彼氏から見たら、少しは頼ってほしいと思うもの。

恋人にすら甘えず頼らずにいると、「俺がいなくても全然平気でしょ」なんて思われてしまうかもしれません。

まるで友達のように扱ってくる

まるで友達のように扱ってくる

「彼女は元々男友達とも分け隔てなく接するタイプ。

そんな彼女が好きで付き合ったはいいけれど、付き合ってからも僕と他の男友達との態度の差が全くないんです。

友達グループで遊んでいると『俺って本当に特別なのかな?』と寂しさを感じてしまって……。・

もう少し特別扱いしてくれてもいいのになと思ってしまいます」(28歳/服飾関係)

とくに男友達と自分の扱い方に差がないと、「俺、彼氏だよね?」と思ってしまうみたい。

せめて周りの目が届かないところでは、少し甘えるなどして、特別感を出せるといいでしょう。

知らぬ間に寂しさを与えているかも?

自分では良かれと思っていることが、彼に寂しさを与えているかもしれません。

その原因は価値観の違いによるものだと思いますが、長続きするためにはお互いに歩み寄ることも必要ですよ。

(愛カツ編集部)