「ん?今の言葉、どういう意味?」

もし彼からの発言でこのように疑問に思ったとしたら、「本命の女性」にしか言わないセリフの可能性が!

では、どんなセリフがそれに該当するのでしょうか?

男性が本命女性しか言わないセリフがどんなものか、彼の干支別に占ってみました。

【前編】彼の干支別・「本命の女性だからこそ」言うセリフを解説!

子(ねずみ)年生まれ

【2人きりの誘い】

子(ねずみ)年の男性は誰に対しても親切なところもあり、本命が誰なのかわかりづらいでしょう。

しかし、本命には単なる「いい人」認定で終わらないように、「この後、2人で飲み直さない?」「2人きりで、どっか遠くに行っちゃおうか」など、親密になるきっかけを抜け目なくささやくかもしれません。

丑(うし)年生まれ

【食事への誘い】

にぎやかなコミュニケーションはやや苦手なところもある、丑(うし)年生まれ。

スローテンポで自分の良さを理解してもらおうとするかも。

美味しいものを食べると場が和むと思っているところもあるようです。

「〇〇好き?いい店知ってるから行こうよ」と誘われたら、本命指名されたものかもしれません。

寅(とら)年生まれ

【恋人関係になることを匂わせる発言】

情熱的なところもある、寅(とら)年の男性。

恋愛感情を抱いたら、ためらいなくアプローチするでしょう。

「〇〇さんのそういうところ、好きだなぁ」
「付き合ったら楽しいだろうなぁ」

……など、軽い前フリをして気持ちを確かめてから、本格的に口説き始める傾向が。

卯(うさぎ)年生まれ

【必死に誘ってくる】

相手に警戒心を抱かせず、自然と仲良くなってしまうところがある、卯(うさぎ)年の男性。

狙った本命には巧みに母性本能をくすぐったり、甘えたりして虜にしてくることでしょう。

何度断っても「〇〇さんにしか頼めないんだ」などとめげずに誘ってきたら、本命認定しているかもしれませんね。

辰(たつ)年生まれ

【男らしさをアピールしてくる】

恋愛のチャンスはたくさんあるようですが、不器用なところもある、辰(たつ)年生まれ。

愛想よくするのは苦手ですが、本命に対しては守りたい欲が高まるのかも。

彼女が落ち込んだりピンチになったときを見逃さず、男らしく「俺が側にいるだろ!」と全力でアピールするでしょう。

巳(へび)年生まれ

【興味を持ってくる】

思慮深いところもある、巳(へび)年生まれ。

ゆっくりワインを熟成させるように恋愛を楽しむでしょう。

本命には軽々しく声をかけることはせず、ずっと目で追い、外見だけではなく内面も観察したがる傾向が。

「もっと君のことを知りたい」とささやかれたら、完全にロックオンされた可能性が高いです。

心当たりはあった?

「え……?もう彼から言われた……」

そんなふうに思った言葉もあったかもしれませんね。

彼の好意に気づいたら、あなたからも行動してみても良いでしょう。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)

●午年~亥年の男性が「本命の女性だからこそ」言うセリフとは?