男性にとって、女性が魅力的に見える瞬間は、どんなときだと思いますか?

内面を知るほどに、どんどん魅力的に思えることもあれば、ただの「友達」で評価が止まってしまうことも……。

そこで今回は、友達としてはよくても彼女にはしたくない女性の特徴をご紹介します。

彼女にはしたくない!かわいくても「友達止まり」な女性の特徴

安物のお返ししかしない

なにかプレゼントをすることは、付き合っていなくてもあり得ること。

でも、そのお返しが、明らかに安物だと、あなたへの評価もそこで打ち止めになる可能性が高そうです。

値段をくらべるつもりはなくても、差が大きすぎると、誠実さに欠ける印象を与えてしまいます。

「これでいいや!」ではなく、「喜んでもらいたい」という気持ちで選ぶことが大切です。

相手の男性が、どんな気持ちでプレゼントしてくれたのかを考えましょう。

逆に、それほど親密になりたくない相手なら、ある程度、お返しの質を調整するのが◎

男友達が多い

すごく明るく挨拶してくれて、話も聞いてくれる。

優しい気遣いもしてくれるし、なによりかわいい!そんな女性は、男性にとって本当に「いい子」と思えます。

でも、それが「誰にでも」だと「いい子」止まりの原因になることも……。

異性の友達がいることに問題はありませんが、同性(女性)の友達にくらべて、男友達が多すぎると、与える印象も懐疑的になってしまいます。

「どの男にも『いい子』を演じてるんじゃ?」「恋の雰囲気も感じたけど、もう誰か特別な男が他にいそう」「付き合っても嫉妬しそう」などという考えが、男性に浮かんでしまうのです。

男友達は、ある程度「絞って」、距離感を調整しながら付き合うことも大切ですよ。

夜中のLINEが多い

夜中のLINEが多い

LINEは、いつでもメッセージのやりとりができて便利ですが、それでも時間帯は考えてあげるべきです。

明らかに寝ていると思われる時間に、LINEをドンドン送ると配慮がないと思われてしまいます。

既読スルーしてもいいのですが、時間の配慮ができないとなると、すべてにおいて配慮できない人という印象を与えかねないのです。

わがまま

男性は頼られたり、甘えられたりするのは好きですが、注意しないと、「ただのわがまま女」に見られてしまいます。

仲良くなるにつれて、「○○するのヤダ~」なんて本音をお茶目だなと感じてもらえてるうちはいいのですが、あまりにもそれが多いと、甘えよりもただのワガママになってしまいます。

「嫌と言うけど、じつはちゃんとやる」くらいのほうが魅力的かもしれません。

友達で終わらないために…

男性はシンプルな生き物ですが、逆に言えばストレートにNGな言動にも敏感です。

表面的には魅力的に見えても、「本当はどういう子なの?」を考えたときに、否定的に思える部分があると冷めてしまいがち。

これらの項目に注意してみてはいかがでしょうか。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)