ゴールデンウィークや年末年始など、連休中に長めのお泊りデートを計画するカップルもいますよね。

そんなときは、一泊のお泊りとの違いに目を向ける必要がありそうです。

そこで今回は、男性の体験談を例に、連泊のお泊りデートで気をつけておきたいことを3つご紹介します。

連休中のお泊りデートで気をつけておきたいこと3つ

同じようなコーデを避ける

「彼女と連休中にお泊りデートしたら、服装がワンパターン化していることに気付いた。初日は白のトップスに水色のスカート、次の日はグレーのトップスにピンクのスカート。

どっちもシルエットまで似ていたので、色違いで何着も持ってるの?って思ってしまった」(27歳/看護師)

彼とのお泊りデートを前に「どんな服を着ようかな」と考えるなら、似たようなコーデにならないように気を付けて!

こちらの体験談のように、男目線で見てもワンパターン化に気付くような展開は避けたいもの。

お泊りデートで「明日はなにを着るんだろう」と楽しみにしている彼のためにも、コーデのテイストを変えることを心がけましょう。

予定を詰めすぎない

「はじめて彼女と3泊のお泊り旅行をしたとき、デートプランを詰め込み過ぎて大変でした。

彼女とプランを考えたら行きたい場所が多くて、このスケジュールならなんとかなりそうと思って決行した結果、バテバテ!最終日の夜はイチャイチャする間もなく即就寝」(24歳/アパレル)

連休のお泊りデートを計画するときは、プランの詰め込み過ぎに注意が必要。

日数に余裕があるからといって、あれもこれもと欲張るとかえって疲れを感じることに……。

もし行きたい場所が多くあるなら、ゆとりのあるプランを組んだ後に「時間があれば行きたい場所リスト」を別に作っておくのがおすすめですよ!

だらけた姿を見せすぎない

だらけた姿を見せすぎない

「3泊以上のお泊りデートになると、だんだん彼女のだらけた姿が目に入るんです……。たとえばソファに座ったとき膝が完全に開いてる、お風呂上がりはターバンで髪を全部上げたままウロウロ、最終日は部屋にこもりっきり、など。

自分もリラックスしすぎてしまう部分があるのでなんとも言えないんですが、できれば見たくない彼女の姿です」(25歳/塾講師)

どんなに彼に気を許していたとしても、リラックスしすぎてだらしない姿を見せるのはNG。

とくに連休のお泊りデートなど、連泊するシーンでは気がゆるみがちです。

常に気合いを入れてビシッと構える必要はありませんが、だらしなさを意識したほうが良さそうですね。

連泊するなら事前にチェック!

ご紹介したのはあくまで一例ですが、このようなポイントを意識しないと彼があなたに幻滅してしまう可能性も……。

せっかく連休にお泊りデートをするなら、2人にとって楽しい時間にしたいものです。

旅行や連泊の予定がある人は、ぜひ事前にチェックしておいてくださいね。

(愛カツ編集部)