「彼のことを独占したい気持ちはあるけど……」

彼が大好きすぎるがあまり、独占欲が沸き起こることもあるかもしれませんね。

ですが、男性のなかには、独占欲を向けられると引いてしまう場合もあるみたい。

そこで今回は、「窮屈さを感じさせない独占の方法」についてご紹介していきましょう。

「彼を独占したいけど引かれたくない」そんなあなたに解決法を伝授

フランクな言い方で独占欲をアピール

「彼が女の子もいる飲み会やごはんに行くときには必ず『私が一番好きだよね!』と可愛いスタンプと一緒にLINEで送ってます」(22歳女性/エステティシャン)

行動を束縛するのではなく、フランクに独身欲をアピールする方法と言えるでしょう。

さらに、人間は「これをしないで」と指示をすると、逆にそれをしたくなる傾向にあるようです。

あくまでもかわいくフランクな表現方法を心がけてみましょう。

彼と離れているときの連絡はサラッと

「『飲み会に行くって言ってくれたら、あとは楽しんできてね!』と言われているので、それだけは守っています。
なんていうか、そんなに信用してくれているなら、かえって何もする気が起きないですね……(笑)」(25歳男性/会社員)

よくやってしまいがちな束縛が「誰とどこにいるの?」「女の人はいる?」といったような連絡。

もしかしたら、彼はちょっと引いてしまうかも。

色々言いたいのはちょっと我慢して、要点を押さえた余裕のある振る舞いを意識してみましょう。

彼もあなたからの信用に応えやすいかもしれませんよ。

拗ねるのも意外にありかも

「『寂しがってるから早く帰ってきてっ』と彼が飲み会に行くときには伝えてます。
彼も『早く会いたいから帰ってきた』なんて言ってくれます」(26歳女性/飲食)

拗ねながら甘えられると、彼も「わがままに応えてあげたいな」と思ってしまうのかも。

単なるワガママではなく、「甘える」という要素も必要でしょう。

本気で拗ねるのではなく、可愛くアピールをして「仕方ないな~」と彼に思わせることが大切かもしれません。

かわいい笑顔を忘れずに!

相手にしてほしくないことを伝えるのは、決して悪いことではないかもしれません。

ただ、その項目が多すぎると彼もウンザリしてしまうかも……。

「どうしても独占欲が止まらない!」という方は、これらの方法を参考にしてみてくださいね。

(コンテンツハート/ライター)

(愛カツ編集部)