言葉遣いは、仕事でも恋愛でもあなたの印象を大きく左右してしまう重要なポイントです。

なかには、男性が女性の口から聞きたくないと思っている言葉遣いもあります。

そこで今回は、男性に好印象を与えるために、男性が思う女性にしてほしくない言葉遣いを3つご紹介します。

恋愛のチャンスが少ないと嘆く人は、ぜひチェックしてみてください。

使われたら幻滅!女性にしてほしくない言葉遣い3つ

酒や金など「お」をつけない

「飲み会で楽しんでたら、そのなかに『酒』とか『金』とか、『お』をつけずに話す子がいてドン引きしました。下品すぎて絶対彼女にはできないです。男っぽい感じもして、一瞬で恋愛対象から外しましたね」(28歳男性/公務員)

「酒」「金」などのように、「お」をつけずに話している女性の姿を見たくないと思っている男性は多いようです。

「お」がない言葉遣いは、下品で男勝りな印象を与えてしまいます。

普段から「お」をつけて話すことを意識して、女性らしい言葉遣いを意識してみてください。

「お」をつけるだけで、簡単に女性らしさがアップするはずです♡

目上の人にもタメ口

「会社の上司にいつもタメ口な子がいるんですけど、やっぱり敬語を使ってほしいですよね。見ててすごい感じ悪いなって。せっかくかわいいんだから、敬語で話せばもっと魅力的なのにな……って思います」(26歳男性/食品会社)

目上の人に平気でタメ口を使っている女性の姿は、男性の目には残念な姿に映っているようです。

自分よりも上の立場の人にタメ口を使うことで、図々しさや下品な印象を与えてしまいがち。

とくに会社では、タメ口を使うことでマイナスな印象を与えてしまい、ビジネス面で損することもあるでしょう。

今すぐ目上の人へのタメ口はやめて敬語を使えば、仕事も恋愛もうまくいく可能性大!

敬語を使うことで、モテる女性の掟とも言える上品で気遣いのできるオーラがアピールできますよ。

語尾がやたらと長い

「友達に紹介してもらった子が、すごくかわいくてデートを楽しみにしてたんです。だけど、いざデートに行ってみると、その子『○○だよね~』『マジで~』とかって、いちいち語尾を伸ばすのが気になっちゃって。

なんか語尾がやたらと長い話し方って昔のギャルみたいじゃないですか。それにだらしない感じもして、かわいい子には使ってほしくない言葉遣いだなって思いました」(27歳男性/美容師)

ついつい語尾を伸ばす言葉遣いを普段からしている人は、男性にだらしない印象を与えている可能性があります。

だらしない印象は、恋愛において不利になりやすいので要注意。

男性のなかには、語尾を伸ばすことで、一昔前のギャルの面影を感じることもあるようです。

今一度自分の言葉遣いを振り返って、語尾が伸びていないか確認してみてください。

語尾はサクッと短めに切って話すと、さわやかで男性ウケのいい言葉遣いになりますよ。

言葉遣いで好印象をゲットしよう

「お」をつけずに話したりタメ口を使ったりと、男性にマイナスな印象を与えてしまう言葉遣いは今すぐ封印しましょう。

言葉遣いはその場しのぎでは改善しにくいものです。

普段から自分の言葉遣いを意識して、できるだけ上品で丁寧に話すように心がけてみてくださいね。

(愛カツ編集部)