興味のない女性からアプローチされたら、男性はうまく逃げようと考えるようです。

とくに相手の女性が同じ職場やコミュニティの女性なら、なおさら。

さりげなく、遠回しに断ろうとするようです。

そのため、彼の本心になかなか気づけないことも……。

そこで今回は、男性の遠回しな「脈なしセリフ」を3つご紹介します。

これを言われたら恋愛対象外かも…男性の遠回しな「脈なしセリフ」3つ

「ちょっと予定が分からないんだよね」

デートに誘おうとしても、「ちょっとまだ予定が分からないんだよね」と言われてしまう。

そして、結局そのまま約束が決まらないまま流れてしまうことが多いのであれば、それはまさに男性の思惑通りなのかもしれません。

これからも関わる可能性のある女性に対して、その気がなくても「行きたくない」とはっきり言えないもの。

そのため予定が読めないということにして、ひとまずその場をごまかしているのです。

こんなセリフを言うくせに、他の人とは出かけているという場合は、恋愛対象外になっている可能性は高いでしょう。

「いまは恋愛はいいかな」

「いまは恋愛はいいかな」とか「しばらく彼女とか作る暇がない」と言えば、ドンと大きな壁を作ることができます。

そう言われてしまうと、女性としてもなかなかそれ以上は踏み込めなくなるはず。

「忙しさ」や「大変さ」を出してくるのは、男性がよく使う手の一つ。

本当に好きな女性に対しては、どんなに忙しい状況であっても、なんとかして時間を作ろうとするはず。

いつ聞いてもこんな回答ばかりなら、避けられていると考えるのが自然かもしれません。

「友達だから当たり前でしょ」

「友達だから当たり前でしょ」

「だって俺たち友達じゃん」とか「友達なんだから当たり前だろ」なんてセリフは、彼に信頼されているようで嬉しいセリフかもしれません。

ただ、あまりにも「友達」ということを強くアピールしてくるのであれば、それ以上の関係にはならないようにと釘を刺している可能性も。

それに本当に友達として大切にしたいと考えている女性とは、心地いい関係を壊したくないと考える男性も少なくありません。

そのため、女性側から友達の領域を越えさせないために、友達アピールをしてくるという場合もあります。

彼のセリフを見極めて!

今回ご紹介したセリフを言う男性は、相手の女性を恋愛対象外と考えている場合も多いです。

そのため、いままでと同じアプローチでは、彼との距離を縮めるのは難しいかもしれません。

脈なしセリフを聞いたら、彼との接し方を改めて考えてみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)