血液型脈なしLINE

めんどくさいLINEや鬱陶しいLINEが送られてくると「返信しなくてもいいや」と男性は思ったりもするもの。

また、そういうLINEを送ってくることが多い女性に対しては、嫌悪感を抱くようにもなりやすいでしょう。

そこで今回は、男性が「既読スルー」しがちなLINEを紹介します。

めんどくさいな…男性が「既読スルー」しがちなLINEを徹底解説!

自分の話ばかりする

好きな男性とLINEをしているときには「自分をアピールしよう」とか「自分のことを知ってもらいたい」という気持ちも強くなるでしょう。

だからといって、自分の話ばかりをし続けてしまうと、それは男性からするとただただ鬱陶しいだけのLINEです。

会話はキャッチボールが大事ですし、人は自分がたくさん話したときに「楽しい会話だった」と感じるもの。

まずは自分よりも相手に話をさせるように仕向けることができると、あなたとのLINEを楽しみにしてくれるようにもなるかもしれませんよ。

わざと心配させる内容

気になる男性の気を引くために、あえて心配させるような言動を取る。

これは駆け引きのひとつなのかもしれませんが、男性からすると本当に面倒で鬱陶しい行動です。

「どうせ私のことなんか誰も好きじゃないし」とか「私はもう終わりです」などと、ネガティブで重いLINEを送られても対応に困ってしまうだけ。

こういった女性は典型的なかまってちゃんにも見えるので「あまり深入りしないようにしよう」と男性は本能的に警戒したりもするものですよ。

しつこく誘う

デートや食事の誘いを断っても断っても何度も誘われ続けたりしたら、そのしつこさに男性はゲンナリするはず。

そして、全くひるむことがない姿勢には、ちょっと恐怖感のようなものを覚えることも……そのうちLINEの返事もしないようになるかもしれません。

大好きな男性のことを諦めずに思い続けるというのは素敵ではありますが、気持ちを一方的にぶつけ続けすぎるのは危険行為とも言えます。

いきなりデートが難しいのであれば、まずは少しずつ距離感を縮めていくことに力を入れた方が、うまくいく確率も高くなることでしょう。

長文が多い

一度LINEを始めると、いつもかなりの長話になってなかなか終わることがない女性。

そういう女性からLINEが来ると「また長くなるかもな」と思うので、男性は返信をする気がどんどん失われていくものです。

そもそも男性はLINEでダラダラと長話をするのが苦手ですし、次第に苦痛や鬱陶しさを感じるようになっていくだけ。

会話がひと盛り上がりしたくらいのところで切り上げた方が「また話したい」という気持ちが芽生えたりもしやすいですよ。

LINEの内容には注意!

気になる男性との距離を縮めるためには、コミュニケーションがとても重要になります。

LINEはとても便利で、今では欠かせないコミュニケーションツールですが、送る内容によってはマイナスの印象を与えてしまうことも。

だからこそ、男性に煙たがられてしまうようなLINEは送らないように、十分に気をつける必要はあるでしょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)