「脈ありサイン」が分かれば、恋の戦略も立てやすいもの。

駆け引きをするのであれば、とくにそんなサインがあればうれしいと思いませんか?

そこで、彼の星座から「脈ありサイン」を占います。

【前編】男性の12星座で占う「彼の脈ありサイン」

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の男性は、カッコつけるのが苦手なところもあるようです。

そのため、思ったことが顔や態度に出やすい正直者なのでしょう。

また、好きな女性の前では不器用さが丸出しになりやすく、ぎこちない言動が多くなるでしょう。

自分に対しては言葉少なに話したり、視線を机や床に落としたまま上げなかったり……。

他の人にはできることも、できなくなってしまう場合もあるようです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

一見すると「堅め」「温厚そう」という印象を持たれやすい、おうし座の男性。

ただ、好きな女性を求める気持ちはものすごく強いようです。

欲しいと思ったら「絶対に自分のものにしたい」と考える傾向にあります。

とはいえ、おうし座の男性の脈ありサインは、見た印象のままにソフトみたい。

女性を自分の手の内に入れながら誘い、気を惹くというアプローチが多い傾向のようです。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座の男性は本気か遊びかわからないほど、愛情表現が軽やかなところが……。

出会った初日に「好き」と言ってくる可能性さえあります。

しかも、ふたご座の男性からすれば、興味を持った女性すべてが恋愛対象なところもあり、「好き」に嘘はないようです。

「それ、本気なの?」と聞くのは、かえって野暮かも。

ふたご座の男性のわかりやすい愛の言葉やボディタッチは、基本的に全部『脈あり』と見て良いでしょう。

それをどこまで本気にさせるかは、女性次第なところもあるかも。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の男性は、好きになった女性をかまってあげたいし、まず自分の身内にしたいと考えるでしょう。

そして、甘えん坊でもあるようです。

『脈ありサイン』は、好きな女性との距離感によって変わってくるみたい。

まだ二人の関係が遠い場合、彼は何かと女性の面倒を見る傾向が。

ある程度親しくなれば、自分の家族の話など、深い話をし始める傾向があるみたい。

そして、かなり距離が近づいてくると、他の人には見せないような甘えた態度を見せるようになるかもしれません。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性は、複雑な駆け引きを苦手とするようです。

そのため、好きと思ったらストレートに自分の気持ちを告げてくることでしょう。

そのため脈ありサインを示すのは、恋の始めの頃かもしれません。

「狙った女性に尊敬されたい」と思ってカッコつけ、わかりやすいアピールをしてくる可能性があります。

ボディタッチや二人きりのデートにも積極的な性質を持っていることでしょう。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座の男性は、好きな女性のことをとにかく調べたがる傾向があるみたい。

何が好きなのか、何が趣味なのか、仕事は何をしているのか……。

全部を把握した上でアプローチする完璧主義者なところもあるようです。

そのため、会話で質問が多いのは、わかりやすい『脈ありサイン』と言えるでしょう。

距離を縮めるための大事な情報かも!

本当は両思いだけれど、自信がなくてお互い近づけずにいる……。

見ていてもどかしいカップルっていませんか?

もしかしたら、あなたもそう思われているかも?

あなたも、大好きな彼の脈ありサインを見極めてみましょう。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

●てんびん座~うお座の男性が見せる脈ありサインって?