素直で構ってもらいたがり、忠実なタイプの犬系女子と、自由奔放でツンデレな猫系女子。

男性によって好みのタイプは分かれるでしょうが、犬好きな男性とは、いつもそばにいて素直に甘える犬系女子が好きな男性のことです。

そこで今回は、「犬系女子」が好きな男性に愛されるコツをご紹介します。

従順なところがかわいい!「犬系女子」が好きな男性に愛されるコツ

デートプランは彼任せ

「自分から、あれしたいこれしたいとはあまり言わないタイプの彼女。なので基本デートプランは僕が練ってます。

彼女が好きな場所だと目をキラキラさせて喜ぶし、イマイチだとしゅんとしてる。そんな姿が愛おしくて、毎回デートプランは凝っちゃいますよ」(30歳/会社経営)

基本的に相手の意思に沿おうとする優しさを持つ犬系女子。

デートプランも彼任せですが、持ち前の喜怒哀楽の豊かさで彼の気持ちをぎゅっと掴んでいるようです。

「しょうがないなあ、もう~」と言いながらも、内心あなたの笑顔を引き出せるかどうか試行錯誤することを楽しんでいるのが犬好き男性。

デートプランは彼に任せてしまいましょう!

こまめにLINEをくれないと不機嫌に

「僕の彼女、朝晩の挨拶LINEはもちろん、お昼休憩とかにもLINEしてあげなきゃすぐ不安になってだめなんですよね。手がかかるけど、そこがかわいい。

同僚からは、連絡しすぎだろってからかわれますけど、関係ないです」(26歳/事務)

気付かない内にふらっとどこかへ遊びに行ってしまう猫系女子とは対照的に、朝昼晩いつも遊んでもらわないと気が済まない犬系女子。

こまめに連絡も欲しがりますが、犬好き男性にはそこがかわいくてたまらないポイントのようです。

犬好き男子の男心をくすぐるべく、自分からもこまめにLINEをいれましょう。

構ってくれないと拗ねる

構ってくれないと拗ねる

「気になる女友達がいます。普段は優しくて癒やし系なのに、ちょっとLINEの返事が遅くなったり、連絡ができないでいると、なんか拗ねるんですよ。思わず構ってあげたくなっちゃう」(28歳/理学療法士)

犬好き男性は、構ってもらえないと拗ねるところも含めて犬系女子にキュンときている模様。

構ってほしいときは、かわいく拗ねてどんどん構ってもらいましょう。

思い切り甘えるのが◎

いつも構ってほしいタイプの犬系女子が好きな犬好き男性。

そんな彼にはとことん甘えて、こまめにLINEを送ったり、デートプランを立ててもらったりして男心をぎゅっとつかんじゃいましょう!

(愛カツ編集部)