大好きな彼に一途に愛され続けたいけど、どうしたらいいかわからないもの。

そこで今回は、彼氏に尽くされまくる女性の特徴をご紹介します。

具体的になにをすればいいかを解説していきましょう。

ずっと愛されたい♡彼氏に尽くされまくる女性の特徴

自分の世界を持っている

彼の趣味を知ろうとすることや、彼の知っていることを教えてもらおうとする姿勢は大切です。

自分のことを理解しようとしてくれる人は、とても好意的に映るもの。

でも、彼の持っているものをもらうばかりになってしまうと、今度は彼のなかに「つまらなさ」が生まれてしまうことも……。

人は満足すると新しい刺激を求める傾向があります。

知らないことや、わからないことがあるからこそ、「知りたい」という気持ちが、興味をかき立てるもの。

彼の好きなことに付き合うだけではなく、ときにはあなたが好きなことや趣味の世界に誘ってみませんか?

もちろん無理に誘うのではなく「やりたかったらどうぞ」というスタンスでOK。

あなたは好きなことを、ただ楽しんでやっているだけで大丈夫。

楽しそうにしていれば、彼のほうから興味を持ってくれることも多いはずです。

相手に合わせすぎない

「彼が転勤したら、私も仕事を辞めてついていく!」「趣味も食べ物も彼に合わせる!」と、なんでも彼に合わせてしまう「自分のない女性」は、彼に飽きられてしまう可能性が高くなります。

また、なにかするたびに「じゃあ私も同じにする」「○○くんに合わせる!」と言うのもNG。

一見、彼の自由さを尊重しているようにも思えますが、言われるほうは窮屈に感じていることも。

自分の決定したことが、誰かの人生や選択を左右すると思うと、多くの人は自分の発言や行動に責任を感じて、自由にできなくなってしまうのです。

「あなたの好きにしていいよ、私が合わせるから」というスタンスはやめて「あなたの好きにしていい、私も好きにするから」というスタンスが◎

彼も本当の意味で自由になれるはずです。

安心感を与えすぎない

男性は基本的には追いかけたい生き物。

自分に対してゾッコンで、絶対に他のところに行くことはないと安心しきってしまうと、あなたのことを追い求める気持ちが薄れてきてしまいます。

そうは言っても、ほかの男性への思わせぶりな態度や、ガードがゆるい女性のような印象を与える行動はNG。

彼を試すような言葉や行動も逆効果です。

むしろ、彼に一途に思って欲しいのなら、目に見える行動は彼に一途であるべきです。

では、どこに注意すればいいのかというと「あなたしかいない」「絶対に浮気なんてしないからね」など、彼を過度に安心させるような言葉を頻繁に言わないこと。

「好き」だとたくさん伝えるのは良いですが、これも言い過ぎは禁物。

毎日のように言っている、一日のなかで何度も言っている、という場合は、少し頻度を減らしていきましょう。

あなたらしさが大切

彼に一途に愛され続けるには、「自分<彼」にならないこと。

彼があなたを好きになってくれたのは、あなた自身の魅力に惹かれたから。

「あなたは、あなたらしくいること」それこそが、なによりも彼のときめきを長続きさせてくれるのです。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)