脈ありなのかな?なしなのかな?

片思い特有の、お互いの読み合い。

楽しいときもありますが、苦しくなるくらいつらいときもあるかもしれませんね。

前編に引き続き、彼の12星座から「脈ありサイン」を占います。

【後編】男性の12星座で占う「彼の脈ありサイン」

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の男性は、攻めると決めたらスマートなアプローチをする傾向が。

しかし、その前段階では、相手をひたすら観察するみたい。

好きな人を詳しく知ることで恋はうまくいくとわかっているかのようです。

そのため、よく目が合うとしたら、それは彼の『脈ありサイン』と言えるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の男性は秘密主義者なところがあるようです。

そのため、『脈ありサイン』を見分けるのは簡単じゃないでしょう。

慎重で用心深く、自分の気持ちを表に出さない傾向にあるみたい。

ただ、付き合いたいと思う女性には一生懸命にアプローチしたいと思っているところもあるようです。

決して諦めないため、片思いの相手が趣味とする分野を調べていたりするでしょう。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の男性の『脈ありサイン』は実にわかりやすいものかもしれません。

それも、誰の目にも「あ、あの子が好きなんだな」とわかるくらいのようです。

いて座の男性は、真剣交際を求めるなら、中身を知らないまま深い関係を持つ可能性は低いでしょう。

一対一で話すシチュエーションに誘われたら、脈ありかもしれませんね。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座の男性は奥手なところがあるようです。

そのため、堅くるしいところもあり、『脈ありサイン』を見分けるのはなかなか高度かもしれません。

ロマンチックなムードも苦手で、駆け引きもしない方と見て良いでしょう。

そもそも恋愛が不得意なので、好きな女性には異性として近づくことは避ける傾向が。

あくまで友人として、あるいは同僚として接していくことが多いかもしれません。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の男性は、友情の延長上でアプローチする傾向があるようです。

何が「友人としての優しさ」で、どれが「恋愛感情」なのか、判断が難しい場合もあるでしょう。

ただ、みずがめ座の男性の、感性を褒めるとか、能力に一目置くといった態度。

そんな態度が見られたら、『脈ありサイン』と受け取って良いでしょう。

そもそも他人に対する興味がそれほど沸かない傾向もあるため、関心を持つこと自体がアプローチになるのかもしれませんね。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の男性は、基本的に優しい性質を持っており、「優しさ」を脈ありサインの指針にはしにくいみたいです。

ただ、恋愛感情を抱く相手には、まなざしや話し方が明らかに違うかもしれません。

そのため、比較的わかりやすいタイプだといえます。

好きな人のそばにいたいし、できるだけたくさん一緒にいたいと思う節もあるようです。

そのため、自分からさりげなく近づいていくでしょう。

ちょっとわかりにくいかも?

「好きなのがバレたらどうしよう」
「もし引かれたらどうしよう」

彼が恋に奥手になっている理由がこれだとしたら、気持ちはわかるかもしれませんね。

彼の脈ありサインを感じたら、あなたから歩み寄ってみても良いでしょう。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)