「お前の彼女、いいよな~」なんて友だちにうらやましがられる彼女は、彼にとって自分の株を上げてくれる自慢の彼女ですよね。

外見?性格?どういったポイントやシチュエーションで感じるのでしょうか。

そこで今回は、「友達の彼女」を心底うらやましいと思った瞬間を男性に聞いてみました。

男性に聞いた!「友達の彼女」を心底うらやましいと思った瞬間

周囲に彼氏の自慢をしてくれる

「仲良い友達カップルがいるんだけど、女の子のほうが、周りにさりげなく彼氏の自慢してて単純にうらやましく思えた。自分の頑張りを認めて尊敬してくれる彼女とか最高じゃん」(30歳男性/公務員)

当たり前ですが、人は誰でも褒められたいもの。

とくに、大切な彼女が、自分自身や仕事について尊敬の気持ちを持ってくれていたら、それほど嬉しいことはないですよね。

自分の良さをわかってくれている!と思えたら、味方になってくれる相手をさらに大事にしたいという心理にもなるはず。

周囲が引いてしまわないように注意しつつ、彼の肯定感や自信につながるよう、彼のいいところ、好きなところを自慢してみては?

趣味を一緒に楽しんでくれる

「友達は彼女とよく釣りに行くらしい。自分の趣味が共有できる彼女だったら、デートプランを一緒に計画できて楽しいだろうな」(27歳男性/営業)

カップルの共通の趣味はもちろん、もともと彼女自身興味がなかった内容だったらなお、積極的に参加してくれる彼女を見ると、うらやましい!と感じてしまうのだそう。

確かに、自分の趣味を一緒に楽しんでくれる人とは、価値観が共有できて心の距離もグッと近づきそうですよね。

とはいえ、相手に合わせ過ぎると気を遣わせてしまいます。

「○○くんのおかげで好きなものがひとつ増えたよ!」と伝えて、無理がない程度に一緒に楽しめると理想かも。

友達付き合いに寛容

「友達の彼女は、男同士でどこに遊びに行っても文句ひとつ言わないらしい。男の付き合いに寛大な彼女ってほんとに器が大きいなって思う」(29歳男性/自営業)

彼女以外との付き合いに「楽しんでね」と快く送り出してくれる懐の広い彼女を見ると、うらやましいとついつい感じてしまうようです。

好きな人の行動を把握したい気持ちから、「誰といくの?」「どこに行くの?」などとしつこく聞いたり、相手の行動を制限したり……これらは案外無意識にやってしまっていること。

でも、束縛や嫉妬の感情も度が過ぎると、彼からの信頼を失うこともあります。

彼がデートより男友達との付き合いを優先することがあっても、「そんなときもあるよね」とたまには理解を示してみましょう。

彼だけでなく、彼の周囲からの印象もアップしちゃいますよ。

気配りを大切に

彼の友達が「うらやしい!」と感じてしまうような彼女になるには、彼に対してはもちろん、周囲への言動や気配りも重要ですよね。

彼にとって、自分の趣味が共有できて、友人への理解もある彼女はずっと一緒にいたいと大切にされるでしょう。

彼からも友達からも愛される彼女になれると良いですね。

(愛カツ編集部)