長続きするカップルの共通点として、独自のルールを持っていることが挙げられます。

それは、いつまでも仲良くいるために必要なものです。

実際に長続きしているカップルは、どんなルールを持っているのでしょうか?

ケンカしたらどうするの?長続きするカップルが決めた独自ルール

ケンカ後は、しばらく会わない

「ケンカしたら1週間連絡を取らずに、お互いに反省する期間を設けることにしています。

ケンカした直後は相手に腹が立つばっかりだけど、冷却期間を置くことで自分の悪かったところが見えてきて、次会ったときに素直に謝ることができます」(23歳/公務員)

ケンカをすると、どうしても冷静な気持ちになれないこともあるでしょう。

そのため、すぐに仲直りしようとせず、しばらく連絡を取らないカップルもいるようです。

冷却期間中に自分の行動を振り返ってみて、反省する時間を持つことで素直になれるみたい。

長続きするカップルは、自分の悪いところをきちんと認めるよう努力しているのです。

愛の言葉とキスを忘れない

「会ったときは必ず『好き』って伝える。キスをする。これが私たちのルール。

気持ちや愛情は、ちゃんと言葉と態度で示さないと、相手に伝わらないと思う。なによりも私が好きって気持ちは毎回彼に伝えたいな、って思うんです」(26歳/歯科衛生士)

お付き合いが長くなると、「これくらい言わなくてもわかるだろう」と思ってしまいがち。

しかし、その考え方はNGです。

大切なことや伝えたいことほど、きちんと言葉や態度に表しましょう。

簡単なように思えて、なかなかできないかもしれません。

だからこそ、あえてふたりのルールに定めているのです。

友達も大切にする

「お互い友達と遊んでいるときは、よほど緊急のことがない限り連絡はしない、というのが私たちのルール。

お互いの時間や交友関係を大切にしようね、という話からそう決めました。

友達といるのに『今どこ?』『何時に帰るの?』なんて聞くのは友達にも失礼でしょ?」(24歳/会社受付)

常に相手の行動を把握しておきたい、と思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、友達と過ごしているときは、恋愛よりも友情を優先しましょう。

彼が友達と楽しんでいるときに何度も連絡しちゃうと、窮屈に思われ、友達もドン引きしちゃいます。

恋人と同じくらい友達のことも大切にできる、そんなカップルって理想ですよね。

厳しすぎないルールが吉

あまりにもたくさんルールを作ってしまうと、楽しい交際がつづかないかもしれません。

まずは、ひとつかふたつ決めてみましょう。

そのルールが自然に守れるようになったなら、きっとふたりの絆は永遠になるはずですよ。

(愛カツ編集部)