相手の欠点をあらかじめ知っておけば、こちらも対応しやすいかもしれません。

対策を取っておく余裕が生まれるでしょうからね。

前編に続き、男性の星座別で「彼のダメポイント」を占います。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)~うお座(2月19日~3月20日生まれ)のご紹介です。

【後編】男性の星座で占う・「彼のダメポイント」

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【じつは生活力がない】

てんびん座の男性は、外ではクールに振る舞っていても、家に一人でいるときはかなりのグータラかもしれません。

汚部屋に住んでいたり、ファッションへのこだわりもなかったり……。

そんな彼を見てしまったときは、スルーするより「そういう面もあるのね」と全面的に受け入れてあげると良いでしょう。

それもアリと肯定してあげれば、彼の気も楽になるかもしれませんね。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

【こだわりが強すぎる】

さそり座の男性は、そもそも凝り性なところがあるみたい。

さらには、ちょっと変なこだわりを持つかもしれません。

マイナーすぎるコレクションや、特定のジャンルに偏執的に詳しいなど、他人が引いてしまうような一面も秘めているみたい。

もし、彼があなたについて「そこまでしなくても……」という執着をしていたら、それが彼の愛の真実なのかもしれませんね。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【じつは情緒不安定】

いて座の男性は、たまに「メンタル大丈夫かな?」と思うような行動をとることもあるみたい。

鬱っぽく落ち込んだかと思うと、クラブや飲み会に行って夜通し大騒ぎするなど……、ちょっと両極端なところもあるのでしょう。

そもそも楽観と緻密という二面性を持つタイプなので、そのバランスが崩れると情緒不安定気味になってしまうのでしょう。

基本的に放置で構いませんが、彼が必要とするときは大きな愛で包み込んであげると絆が深まるかも。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【支配欲が強い】

やぎ座の男性は、「他人を自分の思い通りに動かしたい」という考えを持つときもあるようです。

良かれと思って「こうした方がいいに決まってる」と、人の自由意志を無視してしまうシーンもあるのでしょう。

もし、彼との関係を窮屈に感じ始めたら、距離を置いたり、友人との付き合いを優先させたりしても良いかもしれません。

「私にも自由がある。全部あなたの思い通りにはならない」と気づかせてあげましょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【ちょっと世間から浮いている】

みずがめ座の男性は、世の中の常識を無視してしまうところがあるみたい。

あまりに奇抜な格好をしたり、マイノリティーを気取りすぎる一面も……。

彼が正しい個性を主張しているなら、多少とがったアピールをしてもスルーで良いでしょう。

ただ、完全に浮いていたら「周りを見てみて……!」とアドバイスをあげても良いかもしれませんね。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【しつこいくらい甘えてくる】

うお座の男性は、かなりの甘えたがりなところがあるみたい。

行き過ぎると、ちょっと幼稚になってしまう場合もあるかもしれません。

基本的に否定する必要はないようです。

ただ、完全に周りから取り残されている場合は、どういう状況にあるか気づかせてあげましょう。

「一緒に前進しよう」と声をかけてあげれば、彼も安心するかもしれませんよ。

短所は長所の裏返し

「短所は長所の裏返し」とよく耳にします。

たとえば、「甘えたがり」だとしたら、それは「あなたを愛し必要としている」とも捉えられるでしょう。

彼の短所は、じつは最高の長所なのかもしれません。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)