「嫌われるのはイヤだかから、曖昧にやり過ごそう」
「好きだけど恥ずかしいから、なんとなくで返事しよう」

そんな経験はありませんか?

これ、男性からしたら「本気?お世辞?」と迷わせてしまう言動かもしれません。

今回は、「男性を期待させてしまう『曖昧な言動』」を徹底解説します。

魔性の女…?男性を期待させてしまう「曖昧な言動」を徹底解説!

頻繁に褒められる

女性から、「カッコいいね」「男らしいね」と褒められると、うれしくなる男性は多いようです。

こうした女性からの褒め言葉に「もしかしてあの子は俺のこと好きなのかな?」と思い込んでしまうことも、少ないでしょう。

もし、そんな期待とは裏腹に、本当には思ってはいなかったとしたら、「男性を振り回す魔のフレーズ」へと大変身しちゃうかも。

気のない男性には安易に褒め言葉をかけないようにしましょう。

ハッキリNOを言わない

「デートしてくれるかな?」「ディズニーランドに行かない?」などの男性からお誘いに、「そのうちね」「ぜひ今度行こうね」という返事……、心当たりはありませんか?

これ、「今度ってことは嫌われてないのかな?」「いつも今度っていわれるな嫌われてる?」のどちらでも解釈できちゃうんです。

だからこそ、困惑する男性もいるでしょう。

断るのが悪いとか思わず、はっきりと断った方が良いかもしれません。

告白の返事を先延ばしにする

突然の男性からの告白。

どのように返答して良いかわからないときもあることでしょう。

それは、相手を傷つけたくないとか、断れない……、さまざまな感情で頭にいっぱいになったこともあるかもしれませんね。

でも、告白されたときにイエスかノーの返事は、自分の中でほとんど決まっていませんか?

「少し考えさせてください」と言いながら、言いにくかったり、忘れたりで何週間も何ヶ月も待たせてしまう場合もあるようです。

そうした先延ばしやごまかしの行為は、相手を傷つけてしまうかもしれません。

脱「魔性の女」!

曖昧な女性の言動は、男性の心を期待させたり不安にさせたりしてしまう場合があるようです。

自分の気持ちが彼にないのに思わせぶりな態度を取るのは、いらぬ恋愛トラブルを招くことも……、

曖昧な表現の八方美人にならないよう、心がけていきましょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)