彼氏との関係が長くなると、つい素が出てきてしまったり、余計な一言を言ってしまうことがありますよね。

しかし、あまりにも気を使わないのは、破局の原因になる可能性があります。

そこで今回は、彼氏と仲良しでいるために、絶対にしてはいけないことをご紹介します。

彼氏とずっと円満でいるために「絶対にしてはいけないこと」って?

一緒にいるときに、つまらない顔をする

「店が混んでいるとあからさまにつまらなそうな顔になって、スマホをイジる彼女。毎回イヤな雰囲気だなって思います」(28歳男性/IT)

疲れているのか、それともつまらないのかは、表情を見ればわかるもの。

つまらなそうにスマホをいじったり、モロに不機嫌な態度を取る彼女は、一緒にいて気を使う男性は多いもの。

彼女のご機嫌取りをしているうちに、交際がイヤになる可能性もあります。

彼とずっと仲良くしたいのであれば、態度で示すのはNG。言葉で伝えるか、お互いが楽しめるよう気を使うったほうがいいでしょう。

相手をイジリすぎる

「俺を見ると『髪薄くなった?(笑)』『老けた?』など、気にしていることをズバズバついてくる。地味にストレスで会うのが億劫……」(33歳男性/人材)

私達だって「太った?」なんて言われたら、「デリカシーがなさすぎ!」と思いますよね。

それなのに、なぜか彼氏に対しては土足で踏み込んでいませんか?

彼も大人だからキレることはないですが、内心傷付いている可能性もあります。

もし彼の見た目で気になることがあるのなら、「最近疲れているの?」など、やんわりと切り込んでいきましょう。

相手が謝罪してきても許さない

「多忙すぎて、1年記念日を忘れてしまっていたので、彼女に謝って、すぐにプレゼントも用意しました。

でも何かあるたびに『記念日なんてどうでもいいんだ』とネチネチ言われて。あれは付き合っているのがしんどくなりましたね」(30歳男性/広告)

もちろん浮気などはいくら謝られても、許せないところがあります。

しかし、許容範囲内で、彼が本気で謝っているのなら、それ以上ネチネチ言わないことが大切です。

そうじゃないと逆に彼から別れ宣言をされてしまう可能性がありますよ。

仲良しでいるのには「気遣い」が大事

お互い何の気も使わずに、良好な関係を築いているカップルは、ほとんどいないでしょう。

そんな理想ばかりを追い続けていても、長続きはしません。

彼といつまでも一緒にいたいのであれば、時には我慢したり、相手を許したりするのも必要ですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)