あなたの好きな人は年上ですか?それとも年下?

年上の彼女に漠然と憧れを抱いている男性は、じつはとても多いようです。

年上女性には、同年代や年下にはない魅力がたくさんあるよう。

そこで今回は、男性が妄想する「理想の年上彼女」を4つご紹介します。

こんな人と付き合いたい!男性が妄想する「理想の年上彼女」4選

余裕があり対等な関係でいられる

「すべてに余裕があってスマート。金銭的にも年下彼女よりは平等でいられそう」(30歳/アパレル)

キャリア面、経済面でも積み重ねてきたものを持っていて欲しい、というのが年下男性の本音。

振る舞いも大人っぽくスマートで、デートの際にも「おごってほしい!」なんて言わず平等に負担し合える関係を求めているよう。

いつも男性が負担する関係では彼氏も疲れてしまいますよね。

金銭的余裕以外にも、恋愛経験豊富で男性心理にも理解があることを求めている男性が多いみたいです。

男性と女性の心理の違いは恋愛のもっともややこしい部分。

そこをある程度分かって受け入れてくれる年上の彼女はまさに理想の存在です。

包容力があり、甘えさせてくれる

「自分のダメなところも受け入れてくれるんじゃないかと、包容力を期待してしまいます」(25歳/金融)

やはり年上女性には、包み込むような優しさを期待する声が多く聞こえました。

仕事に疲れたときや、失敗してくじけそうになったとき、甘えさせてくれる存在を求めている男性は多いはず。

大多数の年下男性は、聞き上手な女性にもっとも包容力を感じるそう。

微笑みながら「うんうん」と話を聞いてくれて、ときには厳しく叱ってくれる「母」のようなイメージを抱いているそうな。

また、年上女性は自分よりも経験豊富なことから、尊敬できる「人生の先輩」としてあらゆる相談に乗ってくれることに期待する声もありました。

常に落ち着いたトーンで話をゆったり聞くように心がけると、包容力のある彼女と思われるでしょう。

たまに甘えられるとギャップ萌え

たまに甘えられるとギャップ萌え

「いつもは大人っぽいのに、2人になると甘えてくれるギャップがかわいい!」(27歳/エンジニア)

ほかの人の前ではいかにも年上彼女!というかんじのしっかり者で、2人きりになるとデレデレに甘えて欲しい!というギャップ萌え最高との声も。

自分しか知らない彼女の一面が、彼の独占欲を刺激すること間違いなしですね。

年上なのにどこかほんわかして抜けていたり、要所要所で彼に頼ってみたり、ときには「もう〜しょうがないなー」と思わせることもポイント!

キリッとかっこいい年上女性でい続けるのも素敵ですが、彼の前ではほっとリラックスした顔を見せることも大事ですよ。

男性はいつまでたっても少年なのかも♡

以上、男性に聞いた理想の年上彼女の紹介でした。

多くの場合、男性はいくつになっても少年のような心を持っているもの。

年上女性には聖母のようなイメージを抱いていることがわかりました。

でも、理想はあくまで理想です。

逆に甘えみたり、リラックスして彼に接したりすることで、普段のしっかりしたイメージとのギャップにグッとくる場合も。

年上彼女だからと気負いすぎず、自分らしい魅力でお互いに癒やし合える関係を目指しましょう♡

(愛カツ編集部)