自分に女性としての価値がどれだけあるのかな……。

こんなふうに、わからなくなってしまったことはありませんか?

「わたし、大丈夫かな……」と焦ってしまうとき、何をどうチェックすればいいんでしょうか?

「不安に思うときこそ、確認したいこと」を紹介していきます。

「わたし、女としてダメなのかな…」不安に思うときこそ、確認したいこと

意中の彼の好みに寄り添えていますか?

「抱きたいと思わせる魅力があるか」
「彼女としての関係を期待させる魅力があるか」
「妻としてふさわしいと思わせる魅力があるか」

彼が求めているものに寄り添えているかを確認してみても良いでしょう。

たとえば、彼が結婚を視野に入れている場合。

外見を磨くことに加えて、「彼の胃袋を掴むためにも料理教室に通おう」といった感じでしょうか。

彼にとって、何が高い価値と見なされているのかを正しく見極め、身につけるようにしましょう。

思い込みをしていませんか?

たとえば、ある企業が「コレは最高の商品だ!」と自慢の品を売り出していたとしましょう。

しかし、それを「最高だ!」と認める買い手がいなければ、企業の思惑は空振りと言えるかもしれません。

同様に、「エステにも行ったし、美容院にも行って、新しいワンピースを着たから、私はモテるに違いない」と思うのはキケンと言えます。

自己満足や女友達の褒め言葉は、彼が下す評価に等しいとは限らないかもしれません。

「セクシーさ」をはき違えていませんか?

アピールの仕方には注意した方が良いかもしれません。

パッと見てすぐにわかるセクシーさではなく、ほんのりと匂い立つような色気をかもし出すことが大事だと言えます。

美しさや女性らしさを高めることは、確かに男性の目を惹くことでしょう。

しかし、ただの自己満足で終わっている女性も少なくないかもしれません。

彼は何を求めているのでしょうか

自分が求める男性が、「彼女・奥さんに何を望むのか?」を、正しく把握してアピールすることが重要かもしれません。

それさえキチンとできていれば、すぐに誰かが見初めてくれる可能性アップです。

「私、大丈夫? 賞味期限切れしてない?」と不安に陥ることがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)