仕事を一緒にしていると、接する時間が多く異性と距離が縮まりやすいところがありますよね。

男性も仕事をしていると、先輩後輩や同僚に恋愛対象として意識することがあるようです。

そこで今回は、職場の男性がうれしくなる言動をご紹介します。

【好感度爆上がり♡】職場の男性がうれしくなる言動って?

目が合うと笑って返してくれる

「部署で人気の女子。取り立ててめちゃくちゃ美人ってわけじゃないんだけど、好感度が抜群にいい!理由は笑顔。

いつでも目があったら必ずニコッとしてくれるんだよね。こんなことされて、気分悪い男いる?むしろ惚れちゃうよね?」(29歳男性/食品)

どんなに忙しくても笑顔を忘れない……これはとても大切なポイント。

笑顔は女性の美人度をアップしてくれるところがあるのです。

目があったときに真顔だと、「何だかつめたそうで感じ悪いな…」なんて思われる可能性が。

しかし、ニッコリ笑って返すと「あれなんかあの子……かわいいじゃん」なんてトキメいてもらえる可能性がありますよ。

コーヒーを淹れてくれる

「自分のコーヒーを淹れるついでに、『良かったら』と俺の分を淹れてくれたり、チョコや飴を『これ、美味しいですよ』とわけてくれたりする会社の後輩。

ここまでされると調子にのっちゃいますよね?今度、彼女を食事に誘おうって思ってます」(26歳男性/不動産)

これはとく「いいな」と思っている相手にしかけてほしい行動。

さりげなく、重くない程度に特別感を演出する振る舞いです。

大切なのは「ついで感」を出すこと。自分のコーヒーを淹れるついで、自分がチョコを食べるついで……。

ついで感があることで、男性も好意に甘えやすくなるのです。

メモにメッセージが書いてある

メモにメッセージが書いてある

「仕事を頼まれるときに、ただ書類だけをよこしてくる子と、付箋やメモで、『お願いします』と書いてくれる子、2通りの子がいるんだよね。

感じがいいのは断然後者。仕事も張り切っちゃうし、『ありがとう』って言いたくなるんだよね」(27歳男性/商社)

仕事だから当り前……とばかりに、ただ単に書類をポンと渡してしまうと、みすみす恋のチャンスを失うことになるかも。

ひと言「お願いします」「いつもお疲れ様です」なんて添えるだけで、好感度はグンとアップしちゃいます。

このとき、「○○さん、いつもお疲れ様です」なんて相手の名前を書き加えるとさらに好印象です。

「あざとさ」をさりげなく出して

男性は鈍感な傾向があります。

さりげなくあざとい振る舞いをした方が、「可愛いな」「いい感じだな」って感じやすくなるはず。

今回ご紹介した内容を参考に、あなたの魅力を職場の男性にアピールしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)