2人きりでデートをするまでは、完全に脈ありだったのに、デートをしてからLINEが来なくなった……。

好きだったけどデートしてみて「思っている子と違ったかも」となってしまった場合、その後の挽回は難しいかもしれません。

今回は、男性が「付き合いたくない」と思う言動をご紹介します。彼に幻滅される言動は、控えるようにしませんか。

この子は無理だ…男性が「付き合いたくない」と思う危ない言動とは?

何かとマイナスな発言が多い

会話の中に「嫌い」「苦手」「ダメ」など、否定的な言葉が多いと、どうしてもワガママというか我が強い印象を与えてしまいやすいです。

たとえば「あの映画、みんな賞賛するけど、私的にはイマイチだったな。

てか、あの俳優さんが嫌いなんだよね」とか「脂っこい食べ物苦手」とか「自分より背の低い男性はダメかなぁ」などなど。

これを聞いちゃった男性はあなたに優しい印象は持たないし、「気が強そうだな」と引いてしまうことも。

高飛車な態度ばかり

高飛車な言動も男性をガッカリさせる可能性があります。

たとえば、おごってもらって当然な態度や「会社の上司が男のくせに女々しんだよ」など、どこか男性を見下している発言は嫌がられがち。

精神的に大人で相手を中身で選ぶ男性なら、この言葉を聞いたら離れるでしょうね。

そういう高飛車な部分があっても外見がばっちり好みならいい!という男性もなかにはいます。

ただ、外見は誰しも年々劣化します。こういう男性もこういう男性で、数年後違う子に目がいって、簡単にあなたにサヨナラしたりするでしょう。

恋に持っていきたいのなら高飛車は控えた方がいいですよ。

結婚願望をアピールしすぎる

初デートから結婚願望むき出しでは男性も引きます。

もちろん、結婚相談所などで出会った場合は初デートでも結婚の話をしてもいいでしょう。

しかし、単なる飲み会で出会ったとか、仕事関係の人とかなら、初デートで結婚の話をするのは避けた方がいいです。

いきなり結婚の話をされると、男性は負担を感じる可能性があります。

結婚の話の前にまず交際につながるような恋愛トークをしたほうがいいですよ。

受け身で自分の気持ちを表現しない

受け身で自分の気持ちを表現しない

女性のなかには、恋に対し受け身な人もいるかもしれません。

相手の男性がゴリゴリの肉食系なら受け身でもいいでしょう。

しかし、相手が肉食系ではない場合、受け身すぎると「脈なしかな?」「付き合ってもこんな感じで受け身なのかな……」と良くない印象を与えてしまうことも。

交際したい気持ちがあるのなら、少しは自分からも動いたほうがいいです。

そうでないと、あなたを「いいなぁ」と思っていた男性も、恋を諦めてしまう可能性がありますよ。

彼に引かれないように注意して

初デートで「なんか違った……」と思われてしまうと、デートに誘われる可能性はなくなってしまうかも。

自分を出すのもいいですが、相手に引かれないようにするのも大事なこと。

今回ご紹介した内容を参考に、彼に幻滅されないよう気をつけてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)