恋愛における「やさしさ」は、意外とさじ加減が難しいものです。

ときには、優しさが相手を消極的にしたり、すれ違いを生んだりすることも……。

そこで今回は、「モテるやさしさ」と「モテないやさしさ」の違いをご紹介します。

なんで好かれるの?「モテるやさしさ」と「モテないやさしさ」の違い

自分へのやさしさを怠らない

自分にやさしいというのは、自分勝手やわがままということではありません。

たとえば、体調が悪いときに無理をしないようにしたり、美容と健康のために早めに寝たり。

がんばった自分をほめて、認めてあげることは、自分へのやさしさといえるでしょう。

こうした自分へのやさしさを維持し続ければ、人への配慮の仕方もわかってくるものです。

自分へのやさしさを怠っていないからこそ、相手の調子が悪そうなら、すぐに気が付き気遣いを示すことができるようになるもの。

だからこそ、自分への優しさを怠らないことは、モテにつながるもといえます。

自分を犠牲にしすぎない

「やさしくしたい」と思うとき、忘れずにおきたいのは「やさしくされた相手の気持ち」です。

同じやさしさでも、自分を犠牲にしすぎるやさしさは、相手に「申し訳ない」と思わせる可能性があります。

深い愛情レベルであれば、お互い理解できるかもしれませんが、浅い関係なら相手が引いてしまうかもしれません。

たとえば、少し差し入れをするとか、時間をとって話を聞いてあげるとか。得意分野で手伝ってあげるなどはモテるやさしさです。

相手も素直に善意を受け入れることができますし、見ている異性がいたとしても、「あ、いい子だな」と惹かれやすくなるはずですよ。

周囲にいるみんなにやさしい

周囲にいるみんなにやさしい

自分だけでなく色々な人にもやさしい子のほうが、人間としては惹かれるでしょう。

「彼にだけ」にやさしいなら、「結局、自分に利のある相手にだけやさしい子」と判断されてしまう可能性があります。

相手の笑顔や幸せを、本当に心から願っているかどうかは、彼以外の人へのやさしさに出るもの。

飲み会で注文がないか聞いてあげたり、料理をとってあげたり。日ごろから、素直な気遣いを大切にしていきましょう。

相手がどう感じるのか考えて

やさしいことは素敵なことです。

しかし、人間関係は「自分以外の人がどう感じるか?」も大切なポイント。

自分の言動を思い返して、他の人からどう見えるか、を考えてみるといいかもしれませんよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)