あなたの付き合っている彼氏はどんな人ですか?

仮にイケメンでも「自分さえよければ良い」という女性泣かせな男性は、本命彼氏にしないほうがいいです。

そこで今回は、彼氏にすると不幸になる男性の特徴をご紹介。

交際前や交際中にこんな節があれば、違う恋を探したほうがいいかもしれません。

今すぐ別れて!彼氏にすると不幸になる男性の特徴

言い訳ばかりで謝らない

何かと言い訳をして責められないようガードしつつ謝罪もしない、というタイプはかなり卑怯だと思います。

責められたら、むしろ被害者ヅラをしたりするタイプの可能性も。

たとえば、何かあるたびに仕事の忙しさを言い訳にしたり、浮気が発覚したら「家庭環境が悪くて、親から十分な愛情がもらえなかったから、つい」と、そういうときだけ事情を持ち出して言い訳に使う……。

謝るどころかガードするって、かなりずるいし器が小さすぎますよね。

彼女がいるのにいろいろな女性と遊ぶ

好きな人からデートに誘われて、数回デートしたものの進展せず、思い切って告白したら「じゃぁけ付き合ってみる?」と言われたことはありませんか?

交際が始まったものの、友達伝いに本命彼女(or奥さん)がいることが判明……!なんてことも。

最初から本気で付き合う気もないのに、思わせぶりな態度をとる男性って、基本「自分さえ良ければいい」というタイプなのです。

もし仮に交際が始まっても途中でパートナーの存在に気づいたのなら、好きでも離れたほうが懸命ですよ。

仮に本命と別れてあなたと付き合ってたとしても、また好みの女性が現れたら、どうせなあなたの存在を隠して他の女性と遊ぶのですから……。

口ばかりで行動が伴わない

相手から告白されない限り、曖昧な関係を続けたり、相手に告白させるよう仕向けるタイプもずるいですね。

こういうタイプって、交際後何かあった場合「君が付き合ってって言ったから付き合ってるだけだよ」と、ひどい一言を浴びせ逃げるもの。

あとは、口ばかりで行動が伴っていない男性もパートナーにするには問題でしょう。

口先だけで行動が伴っていないって誠実ではないですよね?

そんな男性と一緒にいても安心感はないし、幸福感も抱けないかも……。

スパッと別れる決意を

この他にも、常に損得勘定で動く男性も交際においては微妙です。

ビジネスならまだしも交際で「損得」ってちょっとナイですよね。

少なくとも相手のことが好きなら、損得勘定抜きで付き合うもの。

このような女性泣かせな男性とはサヨナラしましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)