「なかなか気になる彼との関係が進展しない……」

「待っているだけじゃダメって分かっているけど、どうしたらいいの?」

そんな悩みを抱えている女性も多いでしょう。

そこで今回は、奥手女性にこそオススメな、「好き」を届ける裏ワザを3つご紹介します。

奥手女性にオススメ!彼に「好き」を届ける裏ワザ3つ

話し下手なら「質問」を

「会話を広げるのがニガテな私。なので、彼と話すときは、質問をするようにしていました。新たな話題を考えなくても、自然に会話を広げることができるのでオススメ。

そのおかげか、彼から『話しやすい』と言ってもらえたし、彼との距離も近づいたように思います」(26歳女性/派遣)

奥手女性は、気になる彼と話すってだけで緊張してしまう人も多いです。

でも、話を盛り上げようと意気込まなくて大丈夫。

彼の話に集中して、その話から質問をしていくというスタイルなら試しやすいはず。

そのときに大事なのは、彼の目をしっかり見て、相づちを打つこと。

誰でも、自分の話を真剣に聞いてくれる人には、好感を持ちやすいものです。

話し下手だからとあきらめず、彼と話す機会を増やしてみてくださいね。

笑顔であいさつをする

「毎朝、片思いの彼と会う機会があります。思い切ったアプローチは難しいですが、好き避けしないで、笑顔で『おはよう』って言うぞ!と決めていました。

その姿が印象的だったみたいで、あいさつ以外でも彼から話しかけてくれるようになりました」(24歳女性/営業事務)

まずは、気になる彼に自分の存在を知ってもらうことが、距離を縮める第一歩。

定期的に会うような間柄なら、笑顔であいさつすることから始めてみましょう。

そのとき、もっとあなたのことを知りたい、お近づきになりたい……と思ってもらうには、「笑顔」がポイントです。

お酒の力を借りるのもアリ

お酒の力を借りるのもアリ

「気になる彼になかなか好きって言えなくて、お酒の力を借りることにしたんです。
そうしたら素直な気持ちがあふれてきて、彼にまっすぐ思いを伝えることができました。その後は、晴れて付き合うことに!」(25歳女性/事務)

お酒の力を借りるのは、定番の手段です。

とはいえ、酔っているときの「好き」は本当かどうか疑われることもあるので、ほろ酔い程度で止めておくのが重要です。

たとえ上手く伝えられなくても大丈夫。

お酒の力を借りてでも伝えたかったその気持ちに、彼もグッとくるはず。

2人きりで食事をする機会があるなら、少しだけお酒の力を借りてみるのもアリです。

好意を見せて距離を縮めよう!

奥手女性の「好き」の気持ちって、自分で思っている以上に相手からは見えないもの。

そのため彼に好意を示すのは、2人の関係を進める上でとても大事なことです。

無理しすぎない程度に、今回ご紹介した内容を、自分なりに試してみてくださいね。

(愛カツ編集部)