脈なし

日々やり取りしているLINEメッセージ、じつは男性が正直「ウンザリ」しているケースが多く見られます。

毎回毎回彼からの印象が悪くなってしまう「残念な女性」になりたくないですよね。

そこで今回は、「返信したくない」と思われる残念LINEをご紹介します。

男性もウンザリ…「返信したくない」と思われる残念LINEとは?

終わりが見えない

彼から返信がきたら即レスをしてずっとラリーを続ける……なんてやり取りはNG。

男性としては「また返事しなくちゃ」と終わりが見えない、そんなエンドレスなLINEに巻き込まれたと正直感じてしまいます。

無視するのもストレスですし、毎回返事をするのもストレス、ということで、正直何も良いことはありません。

「ではでは」といったように、ちゃんとLINEメッセージのやり取りが一旦途切れても違和感がないようなメッセージを男子に助け舟として送ってあげると好印象でしょう。

「?」が多い

メッセージの最後に「……が良いかな?」みたいな疑問形で終わるLINEは、男性としては「かなり面倒」ながっかりするものとなります。

男性はじつは女性の意見を求めたいときははっきりと直接的なメッセージを送ることが多いので、自分があいまいな疑問をぶつけられるのをかなり嫌います。

それが頻度が高いとなると、かなり相手の女性への印象は悪くなるでしょう。

何かを聞きたいときは、どうしても緊急のものを除いてはLINEでなくデートの時などに対面で聞くようにしましょう。

短いメッセージを連投する

「今日は〇〇だったよ」

「じつは……ということがあって」

「そういえばこの前こう思った」

といったように、思いついたことをLINEメッセージで一辺に送ってくる女性がいます。

男性としては、結局どれに返事をしたら良いのか分からず、正直、ウンザリするもの。

たくさん伝えたいことがある場合も、小出しにしてあげるようにしましょう。

とにかく長文

男性が正直「もっともウンザリする」というのは、直接対面では何も言われていないのに、突然一方的に長いLINEメッセージが届いたときです。

多くの場合、恋の炎は消えかかってしまうでしょう。

「かなり一方的な人なんだな、直接言いづらい時は毎回メッセージで長く言ってくるんだな」とかなり警戒心を煽ってしまいます。

女性としては、言いづらいことを一方的に吐き出すことができるので、ストレスが非常に軽減されると思いますが、もらった相手はその分かなりのストレスが溜まるかも。

一方的で長いLINEメッセージは、恋愛対象の男性に対しては、封印した方が良いでしょう。

恋愛においてLINEは重要

ちょっとしたことが誤解されやすく印象を悪くしてしまう……。

LINEは気を抜くとそんなデメリットもつくってしまうツールだということを肝に銘じて恋愛に活用していきましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)