彼にお願いをして、聞いてくれたらうれしく思いませんか?

でも、そこで終わってしまうと、ただのワガママだと捉えられてしまうことも……。

ただ、「あの子ワガママばっかりなのに、なんで大切にされつづけているんだろう?」と不思議に思うときもあることでしょう。

そのカギは「ワガママを言ったあと」にあるのかもしれません。

今回は、愛され女性がやっている、「ワガママのあとの言動」を紹介します。

「お願いしたら放置」は危険!そのあとの言動が愛されるカギ

彼のワガママも聞いてあげる

彼にお願いを聞いてもらったなら、次は自分の番!

「愛される彼女」にはコレが自然と備わっているようです。

「この前○○してもらったし、なにかしてほしいことない?」など、彼の希望を尋ねてみましょう。

彼が喜ぶだけでなく、彼を喜ばせたい気持ちも伝えられるので一石二鳥と言えます。

彼の行動をめいっぱい喜ぶ

大切なのは、思いっきり喜ぶことと言えるでしょう。

なにかをしてくれたり、買ってくれたり、行きたい場所に連れて行ってくれたり……。

どんなお願いごとでも、彼があなたを思っての行動でしょう。

そんな彼の行動に対して、めいっぱい喜ぶといいかもしれません。

こうすることで、彼も「しょうがないな~」といいつつも、「かわいいやつだな」と思ってくれる可能性大です。

喜ぶことは、愛されるカギなのかもしれませんね。

お礼はマスト!

たとえそれが、彼にとって「ついで」であっても、それほど「わざわざ」というものでもないにしろ、感謝の気持ちを伝えることが大切でしょう。

「この前、○○してくれたし」「昨日のデートすごく楽しかったから、今日はお料理がんばっちゃおうかな!」など……。

理由をつけてお礼をすれば、自然なギブアンドテイクで、お互いに幸せな気持ちになれるかもしれません。

そんな彼女であれば、彼も手放したくなくなることでしょう。

共通の友達に自慢しちゃおう

共通の友人がいるなら、「この前○○してくれて、すごくうれしくて」と、話してみるのもいいかもしれません。

あとで、その友人から彼がその話を聞けば、「ああ、○○に話すほど喜んでたんだな」と間接的に伝えることができるからです。

第三者から聞いた意見は、なんだか信ぴょう性があるように感じませんか?

うれしい気持ちを我慢できずに、友人に話してしまう彼女の姿に、きっと彼もご機嫌になることでしょう。

「聞き合い」の姿勢が大切なのかも

お願いしたり、聞いてもらったりするのは、カップルにとって絆を強める大事な要素なのかもしれません。

お願いを聞いてもらったあとに、喜んだり、お礼をしたりして、「愛される彼女」を目指していきましょう。

(山田あいこ/ライター)

(愛カツ編集部)