大好きな彼と、晴れて恋人同士になった!

そんなとき、幸せな時間の中で、つい気がゆるんで素が出てくるということもありますよね。

でも付き合ってから見えてきた彼女の本性に、いきなり別れを考える男性もいるようです。

そこで今回は、男性が思わずドン引きした「彼女の言動」を3つご紹介します。

彼と、ずっとラブラブでいたい女性は必見です。

別れに直結するかも…男性が思わずドン引きした「彼女の言動」3つ

甘えるつもりでワガママ放題

「職場で出会った、がんばりやさんな彼女。でもプライベートは、すごくワガママでした。デートの遅刻や行先の変更は、日常茶飯事。
『○○くんにしか甘えられないから……』って言うけど、なんか疲れてきちゃった」(32歳男性/接客)

普段はしっかりしていても、甘えられる人物にはやりたい放題……。

そんな女性に対して、はじめはかわいいと思っていても、徐々にうんざりしてしまう男性もいるようです。

わざとではなく、無意識でそのようになっていることもあります。

もし思いあたる節があれば、親しき中にも礼儀ありを心がけて、自分を客観的に見てみましょう。

友達をマウンティングする

「付き合ってからしばらくして、彼女のマウント取りが気になりはじめました。
『あの子の彼氏ってどんな人か知ってる?』と言いながら、その人の欠点を語りだして……。

その後も、遠回しにいろいろな人をディスる様子にうんざり。他人と比較して、自分は魅力的って言いたいの?それ冷めるからやめてほしい」(28歳男性/編集)

「すごくいい子なんだけどさ」と言いつつも、良くない例を出しつつ、自分のほうが優れていると暗にアピールする……。

これ、意識していても無意識でも、やっている人は意外と多いんです。

自分の魅力を伝えるときは、他人と比較しないように気をつけたいものですね。

彼に合わせなくなる

彼に合わせなくなる

「ものすごく趣味や考え方が合致する女性と、結婚を前提にお付き合いをすることになりました。
けど、いざ付き合うと以前と話してたことが嚙み合わなくなってきて……。

どうやら付き合う前は、僕に無理やり合わせていただけだったようです。
付き合ってからは、僕に合わせてくれるどころか『いいんじゃない?それで』って。それは、やっぱりさびしいよ」(29歳男性/製造)

付き合う前は、とにかく彼氏を作りたい!と必死になりすぎて、本当の自分を隠していたり、いつわっていたりしていませんか?

そんなふうにしていると、付き合ってから彼と会話が嚙み合わなくなることがあります。

付き合ってからこそ、彼の好きな物事に興味を示すのは重要です。

自分の本心も大事にしながら、彼への関心も忘れないようにしたいものですね。

親しき中にも礼儀あり

彼に素を見せるのは、とても大事なこと。

しかし、彼だけでなく周りの誰かを傷つけてしまうな言動には要注意です。

自分を客観視することを心にとめながら、彼とのラブラブな時間をもっと楽しんでくださいね。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)