彼氏がいるのに、ちゃんと愛されているのか不安になることもあるのではないでしょうか。

寂しさゆえに彼にそのまま当たってしまうと、「重い女」認定されてしまうこともあるようです。

そこで今回は、「愛され不足」を解消する3つのポイントをご紹介します。

彼氏に甘えたい…「愛され不足」を解消する3つのポイント

どういう頻度で会うか決めておく

コミュニケーションの一環として、ここは重要なポイントでしょう。

休日が被る方は良いのですが、被らない方もなかにはいますよね。

会えない日が多いと寂しさが爆発してしまうので、気を付けましょう。

連絡よりもなによりも、相手と会うことでコミュニケーションをとれるように準備しておく必要はありますからね!

「1週間に1日のみ会えるように時間は作る。会い過ぎてしまうと自分の時間が無くなるうえに、会話も薄れるので楽しみにしておく」(23歳女性/医療事務)

休みが被らないという方もなかにはいますが、出来ないではなく環境に適応していくことで、寂しさがなくなるみたいですよ。

連絡の頻度も合わせる

毎日連絡しなければ気が済まない!という方もなかにはいますが、必要なときに連絡したいという考えの人だっていますよね。

連絡はコミュニケーションの基本ですから、しっかりお互いの希望を話したうえで折り合いを付け、実行していくのがベストです。

女性はメールや電話が好きなことが多いですが、男性のなかには正直そんなに好きではない……という人もいます。

負担になるとかしつこいとか、後から喧嘩しない為にも連絡頻度と方法のルールを決めておくのはありですね。

「最低1日1回は連絡するというルールを設定した。忙しくてお互い返す暇がないから」(25歳女性/商社)

業務的に返すような感じになっていますが、こういう制約を設けるようにすることでいつ連絡が返ってくるんだろうというもやもやが事前に防げます。

お互いが納得できるようなルール設定をすることで、長く心地よい交際ができるのです。

二人きりのときはとことん甘える

外では甘えることが出来ないので、家のなかでは目いっぱい甘えるのも良いでしょう。

甘えてくる彼女を可愛いと思う男性は多く存在します。

「寂しい寂しいと言うよりも、たまに会えるからめちゃくちゃ嬉しい」(27歳女性/食品販売)

自分の気持ちに素直になってみて

筆者の友達でお互いの生活が合わず会えないという人もいます。

その人はバツイチで子どももいるので、生活リズムが合わず会えない日もあり苦労しているようです。

相手にぶつけたことも何度もあるようですが、寂しいという気持ちを相手にぶつけるのはたまになら良いでしょう。

何度も何度も寂しいとしつこく言って嫌われてしまわないよう、気を付けて甘えましょうね!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)