彼の「恋愛対象」に入ることができれば、恋のアプローチはしやすくなると思いませんか?

では、どのようにすればそんな「恋愛対象」に入ることができるのでしょうか。

前編につづき、男性の星座別で「彼の恋愛対象に入るアプローチ方法」を占います。

後編は、てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)~うお座(2月19日~3月20日生まれ)のご紹介です。

【後編】男性の12星座別・彼の「恋愛対象」に入るアプローチ方法

てんびん座の男性 (9月23日~10月23日生まれ)

【サポート役を演出する】

てんびん座の男性は、上品で物腰柔らかなところがあるみたい。

一見チャラモテ男っぽく見えますが、実際は見た目ほどチャラくはないでしょう。

下心などまったくない、彼に釣り合う感じの上品な「秘書」的アプローチが効果的かも。

日頃から上品な話し方や立ち居振る舞いをこころがけてみるといいかもしれません。

彼をそっと支えてあげましょう。

さそり座の男性(10月24日~11月21日生まれ)

【誠実さをアピール】

勉強熱心で研究者っぽい気質を秘めている、さそり座の男性。

女性の中身をしっかりと見極めて、恋愛対象かどうかを判断する傾向があるみたい。

そんな彼には、普段から助手のように細かいところを補助して、実力と誠実さのアピールするといいでしょう。

認めてもらえば、距離がぐんと近づきそう。

いて座の男性 (11月22日~12月21日生まれ)

【彼の自由を許容してあげる】

アグレッシブでハンターっぽい気質を秘める、いて座の男性。

自分にとってプラスになるならと、どんどん外の世界に出て行く傾向にあるでしょう。

もし付き合ったら、彼の行動を邪魔したり文句を言ったりせずに留守をちゃんと待つ、一途で心の広い彼女になることをアピールするとよさそう。

やぎ座の男性 (12月22日~1月19日生まれ)

【彼をしっかりフォロー】

マジメで優等生っぽい気質を秘めている、やぎ座の男性。

少々融通が効かないところもあるけれど、経済観念のあるしっかりしているでしょう。

彼の話をよく聞いて上手にフォローする、副委員長のようなアプローチがいいかも。

彼の心がときめいちゃいそう。

みずがめ座の男性 (1月20日~2月18日生まれ)

【おしとやかなところをアピール】

冒険者っぽい気質を持つ、みずがめ座の男性。

思いつくと動いてしまう、風のように自由なところがあるみたい。

彼氏を束縛するタイプや、いかにも恋愛体質な女性は敬遠したがる傾向にあるでしょう。

「彼を縛ったりしない&それほど恋愛にガツガツしていません感」を前面に出し、でも、ときにはしっかりとアドバイスもできる自立した女だ、というアプローチが効きそうです。

うお座の男性 (2月19日~3月20日生まれ)

【「女性らしさ」をアピール】

女性っぽい性格で共感力が強い部分がある、うお座の男性。

「そうだよね!」と女性同士がやる、腕を軽く叩くようなボディタッチが効果的かも。

興味を持っているファッションや食べ物の話題を振って、さりげないボディタッチをしつつ意識させるのがいいみたい。

彼とのゴールインを目指して…

恋愛対象になる方法がわかったら、気になる彼にどんどんアプローチをかける計画を立てるといいかも。

また逆に、「この星座の男性の恋愛対象にはなれるかも……!」という場合もあると思います。

彼氏を見つけるために活用してみてもよさそう!

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)