好きな男性と、いい雰囲気になっても交際までたどり着けない。

その原因は、女性側にあるかもしれません。

今回は、男性が「彼女じゃなくていいや……」と思ってしまう女性の特徴についてご紹介します。

遊びでいいや…。気になる男性の本命にならない女性の特徴

フットワークが重すぎる

年齢を重なると「面倒くさい」と感じる誘いも増えてくるでしょう。

そんなときに、いろいろな誘いを断ってしまうのは、恋愛においてもったいないことをしているかもしれません。

フットワークの重さは、恋の芽を摘んでしまう原因になります。

とくにNGな行動が、「経験がないこと」を理由に誘いを断ること。

「ライブに行かない?」と言われても「私、ライブ行ったことないので」と断ってしまう。

話題の食べ物を食べよう!と言われても「食べたことがないので……苦手で残してしまったら申し訳ないし」と断ってしまう……。

この調子では、相手側の気持ちをゴリゴリ削ぎます。

先約がある場合は別として、やたら誘いを断るのは恋をしたいなら損しかないようです。

過去の恋愛を引きずっている

過去の恋愛を引きずっている

誰しもひとつやふたつ、つらい恋愛の経験があるでしょう。

しかし、いつまでも過去にとらわれていると、男性の本命候補に入りづらいかもしれません。

ふとしたときに「一人の男性に執着しちゃだめだよね」と言ってみたり、過去の恋のつらい経験を、初デートでいきなりカミングアウトしてみたり。

そんな行動は、男性から見て「情緒不安定な病んでいる女性」という印象を与えてしまうかも。

あきらかに面倒くさそうな、心の闇を前面に出してくる女性は「見えている地雷」として避けたくなるものです。

気になる彼に「訳ありアピール」をするのはやめておいた方が良いでしょう。

人間性に問題はなくても…

たとえ性格や人間性に問題がなくても、男性に「これ以上踏み込んだら面倒そう」と思われてしまったらアウトです。

男性にしつこいわけじゃないのに「重い女性」と思われてしまうこんな特徴、もし持っていたら意識して直したいものです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)