気になる男性からの脈あり発言は、日々を過ごすパワーにもなります。

しかし、その後なかなか関係が発展しなかったら、思わせぶり発言だったかもしれません。

今回は、LINEの思わせぶり発言に注目。

もしもこんなLINEが来たら、すぐに喜ばない方がいいかもしれません。

期待して損!脈ありを確信しかけた【思わせぶりLINE】

SNSで投稿した内容

「あの写真きれいだね」「行ったんだ?」など、SNSに投稿に関して聞いてきたら、なんだか自分のことを気にしてくれているように思えます。

しかし、場合によっては深い意味もなく話題に出していることも。

SNSを見ているからって、私のこと好きなの?と思ってしまうのは少し考えすぎかもしれません。

「◯◯ちゃんとのLINE楽しい」

「〇〇ちゃんとLINEしてると楽しい」なんて言われたら、脈ありだと感じてしまうでしょう。

ただ、男性によってはこの言葉を社交辞令のように使う場合も。

もしかしたら、誰にでもそう褒める人かもしれません。

普段から調子のいい人だったり、他の女子にも同じような内容を送っていそうだったりしたら、あまり舞い上がらないようにしましょう。

「話合うよね」

たとえば趣味や好きなもの、笑いのツボが一緒だと相性がいいと思うでしょう。

そう思っているときに彼から「話合うよね」なんて言われたら、思わず脈ありを確信してしまいそう!

でも、ちょっと待ってください。

普段の会話を振り返ってみて、自分ばかり話していませんか?

もしも、彼から率先して話題を出していない場合は、「話合うよね」は本心じゃないかもしれません。

「彼女いないよー」

「俺、彼女いないから」「彼女、いないんだよね」などと言われると、思わずいろいろ考えてしまいます。

本当に脈ありの場合もありますが、なかには「彼女いるように見えるけどいないんだよね」と伝えたい男性も。

女性に「意外だね、いそうに見える」「モテそうなのに!」なんて言われたいようです。

女性から「意外」と返されて、ちょっと嬉しそうにしていたらこのパターンの可能性大。

彼女いないアピールも、必ずしも脈ありではないのです。

褒め上手だから?

こんな思わせぶり発言をしてしまう男性は、褒め上手でサービス精神が旺盛な性格かもしれません。

しかし、なかにはわざと思わせぶり発言をしている男性も。

そういう人は好かれていることで満足感を覚え、恋愛に発展させようとしません。

脈ありかな?と思ってもなかなか先に進まず、もやもやする場合はあまり期待しない方がいいでしょう。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)