モテる年上女性のイメージは、「実年齢より若く見えて、かわいい美人」と思っていませんか?

そういうタイプも確かに人気ですが、年下の男性がチェックしているのは、決して顔立ちだけではないようです。

「キレイで気になるお姉さん」と思われるのは、こんなポイントが挙がりました。

ここにときめく!年下の男性にモテるルックスとは

ナチュラルでシンプルなメイク

「見るからに『年上だな』と思う女の人って化粧が濃いんですよね。目の上が青とか黒の人が苦手です。

眉毛が細くてキツい角度の人もイヤです。美魔女って感じで(笑)、イケてるおじさんと付き合ってそうな別世界のイメージです。ナチュラルメイクがいい」(25歳男性/金融)

「ナチュラル眉に単色ツヤ系のアイカラー」的な同世代の女性のメイクを見慣れた男性には、「角度のついた眉=オバサン」「グラデのついたしっかりアイメイク=古い」と無意識に思われがち。

見慣れない=恋に落ちるような近い存在ではない、と判断されることも。

抜け感重視でナチュラルに仕上げたシンプルな目元のほうが、「別世界の人じゃないな」と年下男性には親しみを感じてもらえそう。

髪や肌がツヤツヤ

「髪の毛や肌がピカピカツヤツヤしてる人が年上だってわかると、むしろ『すげえ!』って感動します。健康的で清潔に過ごしてそうだし、実年齢は何歳でも『お姉さん枠』です!」(26歳男性/食品関係)

筆者の知人にも年下男性にモテモテな女性がいますが、「何歳ですか?」のあとにはいつも「マジですか!お肌ツルツルじゃないですか」と驚かれています。

男性のなかには肌や髪にツヤがない=オバサンのイメージがあるのかも。

それでは恋愛対象に入るのも難しくなります。

基本的なダメージケアの他、マットに仕上がるパウダーファンデは避けるとか、髪のスタイリングはオイル系のアイテムを使うなど、演出で手に入るツヤ感も活用しましょう。

ボディラインで女性らしさを演出

「ウエストマークした着こなしのお姉さんが好き。スタイルよく見えるし、大人っぽく女っぽい。ウエストラインを隠したずるずるの着こなしは幼く見えるかお母さんに見えるかどっちかだよね」(28歳男性/コンサル)

トップスをインする着こなしや、コートのウエストをベルトでキュッと絞ったスタイルは、いい女っぽいと男性に人気。

年上が嫌なのではなく、だらしない服のオバサンぽさが嫌、という人も多いです。

「他が多少ポチャっとしていても、ウエストがキュッとしてれば、それもむしろ色っぽく見えるしかわいい」という声もありました。

メンズライクなアイテムも取り入れる

「ちょっとカジュアルでカッコいいアイテムをファッションに取り入れてる、きれいなお姉さんが好きです。メンズの腕時計とか、スニーカーとか。

全体にカジュアルな人より、女っぽくてキレイ目の人がそういうのを取り入れてるのが好きだな。わかってるって感じがする」(29歳男性/IT)

メンズライクなアイテムをファッションに取り入れる年上女性が意外な人気でした。

「ハズシを入れてくるセンスがカッコいい」「自分たちに人気のアイテムを取り入れているお姉さんとは話が合いそう」というのがその理由のよう。

こんな「わかってる感」は年下男性が女性に話しかけてみたくなるきっかけに。

「付き合ったら腕時計とかシェアしてみたい」なんて声もありました。

若作りする必要はなし!

若く見える年上女性がいい、というより、年齢に関係なく「イイ女」タイプが人気でした。

ナチュラルなヘアメイクやメンズライクなファッションアイテムなど、抜け感が求められてもいるようです。

「若く可愛く」よりは「年齢不詳のいい女」を目指すと、年下モテの道が開けるかも?

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)