残念な男性を見ると、「だからこの人、モテないんだろうな〜」と思うことはありませんか?

じつは男性も同じで、残念な女性を見ると「そういうところだぞ……」と思っているよう。

そこで今回は、男性目線で「そういうとこがモテないんだよ…」とゲンナリされる女性の特徴をご紹介します。

男性に「そういうとこがモテないんだよ…」とゲンナリされる女性の特徴

苦手な食べ物が出てきてからカミングアウト

デートで行くお店を決める際、慣れている男性は事前にアレルギーや苦手なものをちゃんと聞いてくれます。

一方、慣れていない男性は、気合が入っているほどコースなどしっかりとしたお料理を事前に予約してしまいがち。

そういう場合に、「私エビ苦手なんだよね〜」と苦手なものをその場で女性からカミングアウトされると、男性は一気にテンションが下がってしまいます。

聞かなかった方も悪いのですが、「早めに言ってほしかった」そんな残念な印象だけが男性に残るのです。

別れ際にさっさと帰る

デートの別れ際、バイバイするとき。

じつは男性視点だと「女性に見送られる」とくすぐったい感じがしますが、印象はグッと良くなります。

多くの残念な女性は、デートや飲み会が終わったら我先にと帰りますが、モテる女性は、男性を見送ってから帰ってるんです。

デートでも飲み会でも、男性にご馳走になったのにお礼も言わずに流れ解散してしまう女性もいますが、これも「残念な女性」というレッテルを即貼られてしまいます。

帰り際の行動というのはとても大切ですよ。

まだ仲良くないのにタメ口

まだ仲良くないのにタメ口

敬語かタメ口かで相手との親近感をはかる、そんな方も多いでしょう。

しかし、じつはそこは人それぞれでかなり異なった捉え方がされる部分なので、注意が必要です。

会って間もないのにいきなりタメ口だと、「乱暴だな」と感じる男性も多いため、必ず「敬語じゃない方が距離が近くなると思うから、そうしない?」といった形ですり合わせをするようにしましょう。

残念な女性は、自分の思い込みで、タメ口を距離を縮めようと思って使い、男性に引かれてしまいます……。

突然真顔になる

食事を楽しみながら会話をしたいと思いデートに誘ったのに、相手は真顔……。

「じつは楽しくないのかな」「料理美味しくなかったのかな」と男性は不安に煽られ、デートもあなたも印象が悪くなります。

本人は気づいていないことが多いのですが、ふとした瞬間に「真顔」になってしまっている女性は多いです。

とくに普段「怒ってる?」「機嫌悪そう」などと言われがちな人は、真顔になっていることが多いと思います。

友人にチェックしてもらうなど、「真顔」頻度を一度チェックしてみると良いでしょう。

口角がキュッと上がっている状態をキープするのには時間がかかりますが、しっかり練習してデートに臨みましょう。

男性にゲンナリされないように気をつけて

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

知らず知らずのうちに男性から「残念な女性」のラベルを貼られてしまわないように、ぜひ今回のヒントを参考にしてみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)