20代というのは、「若さ」というセールスポイントがあるので、なにもしなくても男性からかわいがられますよね。

でも、20代後半から30代半ばというのは、年齢とともに「若さ」がどんどん薄まっていきます。

アラサーからは、若さではなく「人間力」勝負なところがあります。

そこで今回は、「モテる」アラサーと「モテない」アラサーの違いについて解説していきます。

見た目は変わらなくても…「モテる」アラサーと「モテない」アラサーの違い

素敵に年齢を重ねているか

年齢も重ねると、老いの不安から「少しでも若くいたい!」と体を鍛えたり、食事のバランスを考えたり、高価なスキンケア用品を使ってアンチエイジングに励んだりするアラサー女性もいるでしょう。

少しでも若くありたい!と願うのは、恋愛をするうえでもいいことだと思うのです。

その方がきっと心も体も健康的になれるでしょう。

けど、そこに「楽しさ」がないとモテないし、精神的にもよろしくないかと。

女性のなかには必死で老いに逆らう人もいませんか?

正直、お金をかけて見た目が綺麗になっても、「老い」という強迫観念に駆られているかのごとく無理やり若さを保とうしてる時点で美しくはないと思うのです……。

無理な若作りは不自然でどこか不気味な印象を与えてしまいます。正直モテには繋がらないかと。

ある程度、年相応の言葉遣いにメイク・ファッションの方があなたの魅力を引き出してくれる気がします。

恋愛に対し余裕があるか、必死か

モテるアラサーとモテないアラサーの、一番の違いがこれではないでしょうか。

気持ちに余裕があるか否かでしょう。

極端な例かもしれませんが、独身男性よりも既婚男性の方が素敵に見えたことないですか?

独身で絶賛恋人募集中の男性はどこかガツガツ感がにじみ出ている一方で、既婚者はすでに奥さんがいるので恋愛にガツガツしておらず、気持ちや振る舞いに余裕があります。

これは女性も同じで、「早く彼氏を作らなきゃ」「早く結婚しなきゃ」と焦っているアラサーはやっぱりどこか必死感が漂い魅力に欠けてしまうもの。

焦る気持ちもわからなくもないですが、それがにじみ出てしまうと男性は寄ってきにくいので、むしろ『彼氏ができたらいいなぁ』くらい、少し気持ちに余裕を持っていたほうがいいかもしれません。

年相応の知識や思慮深さがあるか

年相応の知識や思慮深さがあるか

見た目がキレイでも年相応の知恵や知識、思慮深さがないと、大人の女性としてはどこか残念……。

正直、容姿がキレイなら男性は寄ってくるでしょう。

短期的に付き合うのなら売りが容姿や若さだけでもいけますが、長期的に付き合うとなると容姿や若さだけではなく、内面的な部分もかなり大事になってきますよ。

とくに知恵や知識、思慮深さなど知性につながるような部分はアラサーならある程度必要かと。

もちろん外見を磨くのも大事なのですが、内面を磨いて成長することも忘れないでください。

素敵に歳をとることを恐れないで

容姿の差はそこまでなくても、モテる・モテないに差が出やすくなるアラサー世代。

そんななか、男性の心を奪って尊敬すらされるアラサー女性は、素敵に歳を重ねている女性と言えるでしょう。

年相応の成長をし、楽しく年齢を重ねていれば、自然と魅力はにじみ出てくるものですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)