敬遠されるほど重い人ではないけれど、男性から「いい子だよ……ただちょっとめんどくさいけどね」と言われがちな人がいます。

ふだんは良くても、彼のコンディションが悪いときに「ちょっと会いたくないな」と思われがちな彼女にはどんな特徴があるのでしょうか?

今回は、男性が「いい子だけどめんどくさい」と感じる人の特徴をご紹介します。

真剣交際はムリ…男性が「いい人だけどめんどくさい」と感じる人とは?

なにかと待てない

男性のなかには、一度に複数を考えられないところがある人がいます。

このポイントを押さえておかないと「彼女がウザいことがある」と思われてしまうかもしれません。

ありがちなのが「彼のモードが切り替わるのを待てない」パターン。

男性は、仕事モード、友達モード、彼女モードなど、シーンごとにモードを切り替えて生きる傾向があります。

たとえば、彼女が仕事から帰宅した彼氏に「ねえねえ聞いて!」と自分の話をまくしたててしまうと、仕事モードから抜けきっていない彼に「……うるさいなあ、自分のことばっかりかよ」と思われてしまうかも。

仕事帰りのデートの日でも会った瞬間から超ハイテンション、というのは避けた方がいいでしょう。

ただし、外で待ち合わせの場合は移動中にモードの切り替えが終わっている場合もあるので、臨機応変に対応するのがいいですよ。

男性の役割を決めがち

甘えたり頼ったり、たまにはごちそうしてもらったり……。男性にしてもらえるとうれしいことがありますよね。

うれしいのはいいのですが、あまりにも役割を固定したがると、男性からは「めんどくさい」と思われてしまう可能性があります。

男性も甘えたいときや弱音を吐きたいときがもあります。

そんな時、甘えさせるのを渋ったり、「今日は私の奢り?」としつこく聞いたりするのは避けた方がいいでしょう。

甘えさせてくれるのも、頼らせてくれるのも男性の好意あってのこと。「させてくれないから私は本命じゃないのね!」など、好意を測るバロメーターではありません。

「私、女だし」という態度にならないように注意しましょう。

2人のルールを作りたがる

2人のルールを作りたがる

彼氏彼女の関係になって「2人のルール」を決めたがる人を、男性はめんどくさいと感じるところがあります。

そのルールは「毎日必ず電話する」「2人の記念日は必ず祝う」など、仲のいいカップルなら当然している、他愛のないものであることがほとんどです。

しかし、男性からは「ルールを作りたがる人ってめんどくさいよね」という声がよく聞かれます。

それは、わかりきったことをルール化されるのを嫌がるからでしょう。

毎日の電話も記念日のお祝いも、彼女のことが好きだし普通にやってあげたい。

ただしそれは「強制されない限り」で、ルールとしてがっちり決められると気が重くなるところがあるのだそう。

彼女から見れば「ルールにしておけば期待を裏切られない」という安全策かもしれませんが、男性にはあまり行動を制限されていると感じさせない方が結局はお得かもしれませんよ。

めんどくさいと思われないようにして

意中の彼への愛情表現を間違えると、「めんどくさい人だな」と思われてしまう可能性があります。

状況を見て行動したり、時には彼にも甘えさせてあげたいるする気持ちを持てば、そんなふうに思われることは少なくなるはずですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)