「あ、この人すごく優しい……」と感じると、特別な関係になれるかもしれないと、期待してしまいますよね。

でも、もしかすると、その優しさの正体は遊び人の誘惑テクかもしれません。

あなたに好意を持っていての優しさなのか、誰にでも優しいのか、仮面をかぶっているだけなのか……。

そこで今回は、「遊び人」かどうかを見極める方法をご紹介します。

その優しさは本物?「遊び人」かどうかを見極める方法

あなたの話をしっかり聞いてくれるか

話を聞いてくれたり、褒めて共感してくれたりすると嬉しいですよね。

ただ、気付けば自分の情報ばかり提供して、相手の男性のことはなかなか聞けていないという状態になっていませんか?

そんなときには、「私のことわかってくれる!」と勘違いしやすいので要注意。

ぜひ、自分からも質問していきましょう。

本当の優しさから話を聞いている人なら、「○○さんは、そういうことないの?」「○○くんだったら?」と質問したときに、しっかり自分のことも話してくれます。

会話中、情報量のバランスがとれているか、チェックしておくといいかもしれません。

紳士的にエスコートしてくれるか

少し高い段差や階段があったときに、サッと手を差し伸べてくれると、優しい人だなと感じますよね。

でも、「触りたいだけ」や、「ボディタッチで、親密になるハードルを下げる」ことを狙っている遊び人にご注意。

手を握ったなら、次は……と考えている可能性も。流されないようにしましょう。

本当に優しい人であれば、「気を付けて」「ゆっくりでいいよ」という声をかけてくれるもの。

触れ合う必要が無い場所でも、「足元気を付けて」といってくれたり、扉をあけてくれたり。

このような小さな気遣いがあるかないかを、見極めていきましょう。

距離感を考えてくれるか

距離感を考えてくれるか

少し流されて身体の関係が起こりそうな状況になったとき、「ちょっと強引だったかな?怖がらせてごめん。すごくかわいかったから……」「突然でびっくりさせちゃったよね。すごく色っぽくてで我慢できなくって」というセリフが来ても、騙されないようご注意!

心のなかでは申し訳ないとは思っていません。

相手に少し罪悪感を与えたり、魅力があると褒めたりしつつ、次は自分の思い通りに事を運ぼうとしている可能性が高いです。

本当に優しい人なら、その後はお酒を控えたり、密室でふたりきりになったりしないよう適正な距離を保とうとするもの。

言葉と、その後の行動が合っているかを見て、誠実さを判断していきましょう。

気になる彼は遊び人?

上手な遊び人は、本当に優しい人がやりそうな言動を含めて、コミュニケーションをとってきます。

でも、結局はその後やその他の行動に、本当に優しい人か遊び人なのかの証拠が隠れているもの。

安易に言葉だけを鵜呑みにして、遊び人の手に引っかからないようご注意です。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)