周りの人に「かわいい」と言われたら、とてもうれしいですよね。好きな人に言われるのなら、なおさらです。

しかし、「かわいい」と言われる女性は、必ずしも美人というわけではないよう。

彼女たちの「かわいい」要素はいったいどこにあるのでしょうか。

今回は、「かわいい」と言われる女性が心がけているコツをご紹介いたします。

【美人ではないけど】男性に愛される女性が心がけてるコトって?

持ち物の手入れを忘れない

メイクがばっちりで、高い服を着ていても靴やバックがボロボロだと全て台無しとなってしまいます。

清潔感も失われてしまい、「かわいい」とはほど遠くなってしまいます。

持ち物を大事に丁寧に扱っていれば、品の良さや、性格の良さも際立ってくるはずです。

持ち物のケアを忘れず、周りの人に「持ち物かわいいね」、「靴おしゃれだね」という印象を焼き付けましょう。

印象は、その人のイメージへと繋がります。品の良い女性を目指し、あなたのイメージをグッとUPさせましょう。

乱暴な言葉は使用しない

いくら見た目をキレイでも、汚い言葉を使用する人は、印象が悪くなってしまいますよね。

「腹減った~」、「は?」といった乱暴な言葉ばかり使っていては、間違っても「かわいい」とは言われません。

若いときはとくに、少し乱暴な言葉を喋るのがかっこいいと勘違いすることもあるかもしれません。

しかし、いい年になって、素敵な男性とのディナーデートで、乱暴な言葉遣いをしていたら……。

そんな女性と交際したいと思う男性は、あまりいないでしょう。

言葉遣いを直したいなら、その場しのぎは絶対NGです。日頃から、その都度言い直すよう意識してみてくださいね。

口角をあげて笑う

口角をあげる

口角が下がっている顔は、どんなにかわいくメイクをしても、オシャレをしても魅力を半減させます。

逆に、口角が上がっていると幼さが出て表情が明るく、可愛らしく見えるもの。

しかし、ただ笑っているだけでは口角は上がってきません。

口角をキレイに上げるためには、顔の筋肉を鍛えることが効果的です。

方法はいろいろありますが、毎日意識して口角を上げることが大事です。

毎日、口角をあげて可愛さを手に入れましょう!

かわいいと思われる女性になろう!

周りの人に「かわいい」と思われるには、外見はもちろん内面を磨くのが大事です。

また、「美人」は容姿が整っていれば簡単に言われる言葉ですが、「かわいらしさ」は、美人でなくなくても仕草や言葉、服のコーディネートを変えることで印象付けられます。

自分に自信がないという女性も多いですが、まずは自分で自分を好きになり、どこを磨けば周りに「かわいい」と思ってもらえるのか研究してみるといいですよ。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ試してみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)