好きになった人には彼女がいた……。

付き合う前に、体の関係を持ってしまった……。

こんな経験から、完全に都合のいい女になってしまったという女性もいるでしょう。

そのような女性にとって、「いつか彼の本命に!」というのは悲願!

そこで今回は、彼の「本命彼女」になる方法を4つご紹介します。

都合のいい女は、もう卒業したい…!彼の「本命彼女」になる方法4つ

彼の全部を認める

男性の多くは「承認」、つまり自分のことを丸ごと認めてくれるような存在に弱いです。

付き合いたての頃は、本命女性も彼のことを褒めたり、愛を伝えたりして、自然と承認欲求をくすぐっているでしょう。

しかし、マンネリ化してくると、本命彼女が彼に、批判や辛口アドバイスをするかもしれません。

そんなときに、自分のことをすべて認めてくれる女性が現れたらどうでしょうか?

「俺のことを本当に分かってくれるのは、この子かもしれない」と彼の気持ちが揺らぐ可能性もあります。

そうすれば、彼が本命女性に冷めたとき、あなたのところに来てくれるかもしれません。

胃袋を正しくつかむ

男を落とすには「胃袋をつかめ」という話を聞くことがあるでしょう。

ただ、やみくもに手料理を食べさせればいい、というわけではないのです。

正しく胃袋をつかまないと、彼の気持ちも惹けません。

たとえば彼の好物がカレーなら、昔ながらの家庭的なカレーを作るとか、野菜より肉が好きなら肉メインの料理で副菜に野菜をそえるとか。

彼の味の好みや、食べる量なども考慮できると◎。

自分が食べさせたい料理ではなく、あくまで彼が食べたい料理を作ることを心がけてくださいね。

「早くあの子の料理が食べたいな!」と思わせたら、大成功でしょう。

男性が素を見せられるようにする

男性が素を見せられるようにする

恋愛初期のドキドキ感も大事ですが、最終的に多くの男性が選ぶのは、一緒にいて落ち着くような女性。

つまり、男性が自然体で居られるような女性なのです。

都合いい女状態だと、どうしても屋内デートが多いもの。

けれど、そんなシチュエーションだからこそ、居心地のよさを感じやすいのです。

彼が本命女性に飽きてきたとき、「あれ?彼女といるより、この子といるほうがいいな……」となったら、こっちのものですよ。

都合のいい女を卒業するぞ!

今回ご紹介した内容をすべて試していたとしても、女性自身が「都合のいい女でもいいの」と思っていたら、現状は変わりません。

付き合わなくても体を許してくれる女性に、わざわざ告白する男性ってなかなかいませんから。

決別する覚悟で、「付き合ってくれないなら、もう二度と会わない」と言えば、彼も覚悟が決まるのでは?

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)