恋愛の初期段階では、相手のことがなんとなく気になったりしますよね。

恋心を自覚したあとは、相手のリサーチをしたり、少しずつアプローチするというのが基本的な流れではないでしょうか。

この少し気になってアプローチをし始めた時期に、男性が「彼女にはできないな」と思ってしまうLINEがあるようなんです。

そこで今回は、一気に萎えちゃう女性からの残念LINEをご紹介します。

気になってたのに…一気に萎えちゃう女性からの残念LINEって?

「時計はちゃんと持った?」

「女友達を彼女候補として意識し始めてしばらくした頃、頻繁にLINEのやり取りをするようになっていたんです。で、僕が絶対に遅れちゃいけない仕事があるって話していた日の朝LINEが来ました。

『時計は持った?』『髪寝ぐせついてない?』って母親が男子学生に言うみたいな項目が連続で。これは付き合ったら大変そうだなって思って恋人はなしって判断しました」(26歳/アパレル)

毎朝子供を起こして学校に行かせるのが大変な母親のようなLINE。

付き合ったら毎朝叩き起こされそうな勢いがあります。

「暖かくしてゆっくり休むんでね」

「仕事帰りに一緒にご飯を食べて帰った後に来たLINEがお母さん感マックスで無理って思いました。その日はすごく冷え込んでて明け方には雪がちらつくかもって予報で、確かに寒かったんです。

別れ際はちょっとくしゃみとかしちゃってて。それでも『暖かくしてゆっくり休むんだよ』はないでしょう。相手にとっても自分は恋愛対象じゃないんだろうなって感じちゃいました」(25歳/IT)

相手を心配しての発言でしょうが、確かにちょっとおばさんくさいというか……。

彼女になってからなら許される発言かもしれませんね。

「○○の準備は終わってるんだよね?」

「○○の準備は終わってるんだよね?」

「会社の同僚の子でかわいくてずっと前から気になっている子がいて。この前やっとLINE交換できたからなにかと用事作って連絡してます。でもちょいちょい上から目線なんですよね。実際に歳も2つ上なんですけど。

仕事の忙しい時期に全然関係ない話を振ったら、『それはわかったけど、○○の準備は終わってるの?』って返ってきたり。こっちだって大人なんだから自分の仕事の管理くらいできますって言いたくなる」(28歳/教育)

男性って年の差に関係なく自分を立ててもらいたいという願望を持っている人が多いです。

上から目線はそんな男性の気持ちを踏みにじるには最高の手段なのかもしれません。

「遅刻するなんて信じられない!」

「合コンで知り合った子とLINEしてて、ある日寝坊して仕事に遅れた日に『今日遅刻しちゃってさ』って送ったら『遅刻するなんて信じられない』みたいな回答が。

いや、別にそんなに頻繁にしているわけじゃないし、仕事はキッチリやってるしって。なんか気が強かったり融通が利かない子なんだろうなってガッカリです」(29歳/飲食)

遅刻は社会人として良いこととは言えませんが、真面目すぎる返答は期待されていないのかも。

距離感を保った連絡を心がけて

まだ付き合う前のLINEでは相手に品定めされていると考えて慎重に内容を吟味しましょう。

なにげない一言で恋人を逃すことだってあり得ますよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)