いくら愛されたいとはいえ、相手に媚びすぎると、逆効果になってしまうことがあります。

気になる彼の気を惹いたり、彼氏に愛されたりするためには、「ナチュラルさ」が重要です。

今回は、表面的な「いい子」ではなく、自然に惹かれるような「いい子」の特徴をご紹介します。

だからこそ愛される!男性に自然と「いい子だな…」と思われる女性って?

幸せそうに食べる

いつも笑顔で幸せそうな子は、愛されやすい傾向があります。

とくに「おいしいものを食べるとき」に、いつも以上に幸せそうな顔をする子、より愛される女性になれるでしょう。

味や香りを楽しむのは、幸せの基本ともいえます。

その幸せの価値を大きく受け止める子は、自然といい子だと感じてもらえるのです。

さらに、テーブルマナーを学ぶなどして、食事の楽しみ方を覚えることで、話題が豊富になり、デートの幅も広がりそうですよ。

責任感を持って行動する

いくらかわいい子でも、任されたことに対して責任感がない子は、好かれない傾向があります。

仕事に対してはビシっと真面目にしたほうが好印象でしょう。

一見、恋愛と仕事は関係なさそうですが、こういった姿勢は、人に迷惑をかけない、優しさや気遣いがある、と恋愛にも通ずるものがあります。

準備を怠らず、時間を厳守するなど責任感を持った行動をする。そんなひたむきな姿が、自然と愛される秘訣です。

人のために勇気を出す

面倒なことに巻き込まれるのはイヤだと思う人が多いもの。

そのため、周りでトラブルが起きてもスルーしてしまう人もいるでしょう。

しかし、そこで「○○ちゃんに失礼」「やめてあげて」とハッキリ言える、勇気のある子は愛されます。

また、体の不自由な人が、介助が必要そうだと思ったら、すかさず声をかけられるような勇気や優しさがあると、さらに好印象です。

でも、そうした良心につけこんで、悪いことをする人だっているもの。

だからこそ、男性はそういういい子を、守りたいと思うのかもしれません。

何かと応援してくれる

いつも応援してくれる

愛される人は、自然とギブアンドテイクな関係を築くのが上手です。

そのため、いつ、どんなときも、応援の言葉をくれる子ならば、男性は自然と愛着を感じるよう。

気になる彼や彼氏に「お仕事頑張って!」はもちろんのこと、デート中の遊びやゲームでも、「ふぁいと~!」と応援するのも効果的。

「朝早いけど」「暑いけど」など、その日、そのときの状況に合わせたひと言をプラスするのもいいですよ。

応援の言葉は、自分の好き好き! の気持ちよりも、彼のことを一番に考えて、どんな言葉ならば喜んでもらえるかを常に考えること。

そうすれば、自然と言葉が出てくるようになるはずです。

いい子だと思われるようになろう

愛される子は、相手に「かけがえのない価値」を感させる子です。

その価値は、誰かと比べるものではなく、直感的だったり、自分の目でたしかめたものだったりします。

彼がビビっとくるようないい子になるためにも、自然なあなたらしさを大切にしてみてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)