オンもオフも一緒に過ごせる。プライベートでは見られない一面が見られる。

などなど、メリットもある社内恋愛。

でも、実際に社内恋愛をしているカップルは、メリット以上のむずかしさを感じているようです。

そもそも、職場はやっぱり「仕事をするところ」。

変に目立ってしまうと、あらぬウワサをされたり、仕事にも影響ができたりと、デメリットもあるものです。

社内恋愛を成就させるためには、やはりある程度大切な「心がけ」があるのも事実。

それはいったいどのようなものなのか、一緒に見ていきましょう。

むずかしい社内恋愛…成就させるために「必要な心がけ」って?

報告はしたほうがいい?

「社内恋愛って、バレたとき気まずいっすよね……。
うちはバリバリの体育会系なこともあって、彼女と相談して、仲の良い同僚や上司には交際報告をしました。
周りが盛り上げてくれたり応援してくれたので、結婚も秒読みです」(29歳男性/営業)

周りには内緒にしておくべきか、それとも公言するべきか……迷うのが社内恋愛の常、ではないでしょうか。

会社の仲間や、社内の規律がどうなっているのかによっても変わってくるところではあると思いますが、社風が社内恋愛に寛容なら、公言して応援してもらうのも良いでしょう。

ただ、同僚に「いない歴」が長い人や独身者が多いときは、きちんと気を遣ったほうが無難だと思います。

公私のけじめをつけて振る舞いましょう。

あくまで仕事。嫉妬はNG!

「飲み会が多い会社だと理解してくれているので、女性がたくさん参加しても、嫉妬してる素振りは見せません。
無理してるのかもしれないけど……そんな彼女の気持ちがすごくうれしいです」(30歳男性/デザイナー)

社内恋愛の最大のメリットは、何と言っても、仕事中もずっと一緒(近く)にいられることでしょう。

フロアや席によっては、彼がどこで何をしているかをほぼ把握することも可能です。

でもその一方で、彼が他の女子社員と接するシーンもしっかり目の当たりにすることになります。

そんな彼の態度にイライラしたり、落ち込んだりしてしまうことがあるかもしれません。

しかし、嫉妬は感情の乱れにつながり、社内における業務の妨げにもなってしまうでしょう。

仕事に影響が出てしまうと、最悪どちらかが退社せざるを得ないケースもあります。

あくまで仕事で話していることを、あまり気にしすぎないようにしましょう。

私情は持ち込まない

私情は持ち込まない

「前の夜にケンカして、次の日にどんなふうに顔を合わせたら良いかと眠れなかったけど、いざ会社に出勤すると『お疲れ様です』といつもと同じ挨拶をしてくれました」(27歳男性/経理)

社内恋愛あるあるとも言えますが、プライベートでのいざこざを社内に持ち込む公私混同はNGです。

職場はあくまでも「仕事をするところ」です。

仕事への影響を軽く考えず、同僚や上司の目をしっかり意識して行動することが求められますね。

社内恋愛成功のカギは…

社内恋愛では、周りをきちんと見て振る舞うことが大切。

それができないと、周りからの評価が下がり、仕事を続けづらくなる可能性もあります。

対応に悩むこともあるかもしれませんが、社内恋愛を成功させるためには、気配りが最優先事項です。

もし、社内恋愛からのゴールインを狙いたいなら、上司や同僚を味方につけて彼を上手に誘導していくのも手ですよ。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)